NEWS

2020. 03. 30

【開催延期】POP UP SHOP〈about HIROKO HAYASHI〉

本イベントは開催を延期させていただきます。

楽しみにしていただいた皆さまには大変申し訳ございませんが、開催時期が決定いたしましたら改めてお知らせいたします。


about_HH_mail.jpg

HIROKO HAYASHI とは何なのか?


〈about HIROKO HAYASHI〉と題し、阪神梅田本店にてPOP UP SHOPを開催いたします。

関西初登場のGIRASOLE限定カラーのアイテムをはじめ、アーカイブコレクションの展示やこれまで語られたことのない、詳細なブランドのテーマやコンセプトを、6つの重要なキーワードから紐解く期間限定ショップです。
-------------------------------------------------------

■POP UP SHOP -about HIROKO HAYASHI-

【期間】 2020年4月8日(水)~2020年4月14日(火) 延期とさせていただきます。

【会場】 阪神梅田本店 3階イベントスペース ステージ3

-------------------------------------------------------

SPECIAL PRESENT

期間中、税込33,000円以上お買い上げで〈about HIROKO HAYASHI〉オリジナルノベルティをプレゼントいたします。
※なくなり次第終了となります。
img_mirror.jpg※画像はイメージです。

GIRA_NV.jpg関西初登場となるGIRASOLE Piu(左)とMINIMO(右)




ーHIROKO HAYASHI とは何なのか?


1.人とバッグの関係性

バッグは人を表すもの。
バッグは思い出と夢を入れるもの。
道具ではあるけれど、ただの道具ではありません。
自分のシルエットの一部として、自分自身として味方につけてほしいのです。
その人のパートナーとして生き方を勇気付けるものであり、楽しさを与える存在。
HIROKO HAYASHI を構成する代表的なキーワード別に、そんなパートナーになり得るバッグをご紹介します。


2.楽しくて便利。『1番』の誕生
「既成概念を変える発想」がデザインに表れたアイテム。
ハンドルがついた財布はかわいいし、楽しくて便利という女性の心理を考えたデザインは 1980年代、ブランドのブレイクのきっかけになりました。
最初は黒一色だった配色も、バリエーションが豊富に。
代表的な形という意味を込め、通称「1番」と呼ばれています。


3.自分の殻を破る。『3番』の誕生
「財布を開けて1回で動作が済む」をテーマに試行錯誤を続けた林ヒロ子がたどりついたのが「革をたたむ」という行為でした。
当時 そのような概念自体が存在しなかった中、1995年、製品として世の中に送り出しました。
発売以来人気を誇り、ブランドの代表的存在に。
これまで自分に課していたセオリーを自ら破った瞬間でもありました。


4.GIRASOLE
「革に見えない革」というテーマを追求していた頃、出会ったのがこの革でした。
一見、金属のように見える連続的な模様は、箔押しした牛革に型押しと型抜きを同時に施したもの。
ベースとなる革も試行錯誤を繰り返し、ひとつの挑戦がブランドの顔ともいえるシリーズへと成長していきました。
「ジラソーレ」シリーズはとどまることなく、毎年成長しつづけています。


5-1. 2020 Spring&Summer"equilibrio"(エクィリーブリオ)
エクィリーブリオ=バランス
イタリアでは、個性あるオーナーのBAR(バール)が居心地の良い場所を提供しています。
そんなバールのように、バッグの持つ個性と、持つ人の個性がフィットすることで新しいバランスが生まれますように。そんな願いを込めたコレクションです。


5-2. 『ファーブル』という生き方
「昆虫記」で知られるジャン・アンリ・ファーブル。
世間の垢にまみれることなく純粋に生き、一途にひとつのことを探求した彼の姿、現代社会とは相反するものやことを体現したファーブルという生き方はブランドに大きな影響を与えています。
そんなインスピレーションから、楽しげな夏を思わせる虫かごのような「ファーブル」シリーズが誕生しました。夏の定番として、今年で12年目を迎えます。

関連アイテム

表示モード
スマートフォン  |  PC