monet×香音コラボ対談

monet × KOL ME BABYコラボ発売記念 monetさんとディレクター香音の対談が実現プライベートでも仲の良いおふたりにファッション仕事について語っていただきました。

monet 美術家 1999年生まれ。高知県出身 武蔵野美術大学油絵学科に在籍しながら東京を拠点に作家として活動。 主に油絵を制作している。展示会などの他にアパレルブランドとのコラボ商品展開や、雑誌掲載、音楽グループのツアータイトルやCDジャケットのロゴ、Instagramの選挙スタンプを担当するなど、本業の絵画制作から発展して、近年はマルチに表現の幅を広げている。

香音 モデル・ KOL ME BABYディレクター幼少期よりモデルとして活動。現在はPopteen専属モデルとして活動。モデルとして数々のショーにも出演するほかYouTubeチャンネル「かのんのんのんTV 」も配信しティーンズに情報発信を続けている。2020年4月よりKOL ME BABYディレクターに就任。

KOL ME BABYとmonetのコラボの話を始めて聞いたときの感想をお伺いできますか

(monet)中・高生時代の文化祭のように各自が得意なことを合わせてひとつの良いものをつくるみたいなことを将来友人とそれぞれがプロの仕事としてやりたいとずっと思っていたので今回友達から入って仕事として一緒に物創りができたっていうのがすごい嬉しかったしやりたいことに近づけたと感じてます。香音の世界観がいい意味でわかりやすくてすでにあるのでどういう風に溶け込んだらいいものが作れるのかなって楽しみでした。(香音)元々KOL MEを始める前から何かの形で一緒にお仕事したいっていうmonetさんていたっていうのもあって。私はmonetさんのファンから入って仲良くなって行ったので本当に今回monetさんがKOL ME用に絵を描いてくれて自分の作りたかった商品が作れるっていうのがすごく嬉しかったし、1番最初にコラボできて嬉しかったなって(monet)おーー(香音)なんか、普段の香音を知っていてくれるからこそデザインでわがままなところとかよくわからない説明とか全部monetさんはなるほどねって受け入れてくれて(monet)「くみとる」ですよ(香音)そう!くみとるのがすごく上手だから本当にいいコラボが出来たと思ってますよ!(monet)この部分の録音が欲しいです(笑)

今お話でも出ていた、コラボをする前からお互いお知り合いということで、仲良くなった経緯はどんな感じだったんですか

(香音)私、インスタを見てたときにmonetさんを知って、前々から見てたんですよ。で、monetさんの個展?(monet)別の方が主催するポップアップ(香音)そうだそうだ(monet)そのポップアップに参加することになって、そのちょっと前の時期に唐突に香音からフォローが来て、でウチも「香音」の存在を知っていたんですけど(笑)(香音)笑(monet)ちょっと挨拶したいなって思って。(香音)フォロー返してくれたんですよ。monetさんが!(monet)そうそう、SNSで繋がっただけのままだけってみたいなかんじが嫌だったんで、一回お話して見たいなってあいさつ入れたらそこでひと盛り上がりあって。その時、香音がサクランボが好きっていうのがあって・・(香音)そう、死ぬほどサクランボが好き。(monet)ちょうどポップアップのテーマがサクランボだったので、タイミングがいいなと思ってお誘いして

(香音)サクランボのイベントなんて聞いたら絶対行くしかないってなって会いに行きました。(monet)で、そのまま普通に遊んで焼肉行って(香音)そうなんですよ!初対面で焼肉!  最初、人が多くてmonetさんどこにいるんだろう?って探してたらド派手な色の人が(monet)その時髪がオレンジだったんで(香音)洋服も(monet)ファー?(香音)そう!モッコモコのファーを着て来たセレブみたいな人がmonetさんで、私ブルーの洋服で私的には奇抜な洋服だったんですけど、そんなのもう足下にも及ばない、、、(monet)いやいやいやいや(笑)(香音)2人ともだいぶすごい色だったんで、結構気づかれましたね。で焼肉行きましたね。(monet)そうだねー。タピオカ飲んで焼肉食べて(香音)あとプリクラ撮って・・・それが初めましてですね。(monet)香音は3つ年下で妹と同い年なので、キャピキャピって感じで話合うのかなって思ってたんですけどいい意味でキャピキャピしてなくて、実際話したときのフィーリングが合う感じで。(編集)初対面で意気投合した感じでどんどん仲良くなったということですね(monet)(香音)はい!

初対面の時の派手ファッションのお話があったんですがmonetさんから見て今ディレクターをやっている香音さんのファッションについての印象はどうですか

(monet)印象・・・うーーん。月並みなんですけど甘いテイストも辛いテイストも似合う幅の広さはすごいですね。でもまぁ大前提顔も骨もいいから。(香音)顔と骨!?(笑)ありがとうございます。(monet)だから結局なんでも似合うってとこに落ち着くという。あと、好きなものをちゃんとモノ作りに活かしてて、モノを作る時って自分が本当に好きって思ってるものを実際、具現化する時に表現できないとか伝えられない人がほとんどだと思うんですよね。絵とかもそうなんですけど、それが香音は好きなものを作り出せているっていうところがアウトプットの質が高くて、自分の頭の中にあるものが他の人の目に見えるように抽出できてるっていうのがすごいと思います。(編集)香音さんの好きなものとファンが思う香音さんのイメージがKOL MEのお洋服でイコールになってるところがすごいところですよね。

(monet)ゼロから自分で生み出したもののイメージを言葉なり絵なりでクオリティの高い商品に繋げられているところがすごいと思います。香音のことが好きな人はブランドも絶対好きだし。香音のセンスが評価されている証拠だと思います。(香音) ありがとうございます。めちゃくちゃ嬉しい。monetさんって普段からこう言葉にしてくれて、結構アツイです。monetさんてめちゃくちゃ字が上手で、インスタのストーリとか見てる人は知ってると思うんですけど、毎日の生き方というか日記とかやることリストが結構心に染みる言葉が多くて。だからmonetさんのインスタとか会って会話することで勉強することとか得ることが多いですね。(monet)人として好き。(香音)照(編集)お互い尊敬しあえてるんですね。(monet)多分フィールドが違うから嫉妬とかなく付き合えて純粋に応援できるんだと思います。(編集)逆に香音さんから見てアーティストとしてのmonetさんの世界観どう感じてますか。

(香音)そうですね、わたしはもともとSNSとか苦手な方であんまり情報とかインプットされてなかったんですけど、monetさんの生き方とかインスタとかmonetさんから発信される情報って流行りに乗ってるとかではなくて、自分自身の流行を伝えてる感があってわたしはすごく好きだなっていうのと、会った時はお互い現状報告をするんですね「お仕事決まったよ」とかそうゆう話をするんですね。で合わせてmonetさんの次にやりたい目標とかも教えてくれて、次会う時には叶ってたりとかするから有言実行でかっこいいなって。会うたび、話すたび何かしらお仕事の報告聞いててわたしも頑張ろうってパワーをもらいますね。(monet)今の所も録音欲しい(笑)(香音) 笑(編集)monetさんの活動を見てていろんなことに刺激を受けて香音さんも頑張らなきゃなって思ってるってことですね。お互いが刺激しあって、仲良くしてっていい関係ですね。(monet)私がひとにマネジメントされるのに向いてないからフリーランスで活動しているんですけど、そういう視点からも与えられた仕事を全て嫌な顔を見せずに高い完成度で世に出しつづけている姿にただただ尊敬が溢れるばかりですね。それでいて全然疲れているように見えないじゃないですか。(香音)(笑)

(monet)プロフェショナルな感じというかずっと「香音」でいる。(編集)香音さんはエネルギー切れしない秘訣とかあるんですか?(香音)秘訣ですか? 秘訣というか、裏表がないところ?モデルのお仕事でもディレクターのお仕事でも香音は香音だからって思っていて。(monet)オフでもそんな感じ(香音)ずっと一定で、作ってないですね。表も裏もない。だからmonetさんといるときも嫌なときは嫌って言えるし。(編集)裏表なくっていうところをありがたいって思ってるってことですね。なんか、結構真面目な話してるんだなって印象変わりましたね(笑)(香音)意外と真面目なんですよ。でも私たち基本焼肉ですよ。プラスクレープとタピオカとプリクラ。やってることは以外とJKなんですよ。JKじゃないけど(笑)(monet)毎回同じよね。他にやりたいことがないとういうか新しい冒険もしないし(笑)基本話すことがメインだから場所はどこでもね、大丈夫な。(香音)そうですねー

最近お家時間が増えたと思いますけどマイブームとかありますか

(香音)monetさんは絵描いてる?(monet)新しいこと・・・ アイドルにハマる。(編集)それは何かきっかけとかあったんですか?(monet)アイドルが好きっていうより自分と真逆な人間に興味があって。(香音)わたし聞いた時意外でびっくりした。二人で話するときも恋愛の話とか全くなくて、そもそも何も事件がないからってのもあるんですけど(笑)だからアイドルにハマったって聞いた時は驚きました。(monet)最近では、それが一番大きな変化ですね。(香音)わたしは家にいる時間が多くなったのでゲームを買って流行ってるゲームをやってみたんですよ。今まであまりゲームとかやってこなかったからはじめのうちはやってたんですけど機械音痴が出ちゃって・・・あんまりやらなくなっちゃいました(笑)

今後の目標をお伺いできますか

monet)私はずっと気にかけているのはバズらないようにクオリティの高い仕事を着実に積み重ねていくということですね。(香音)なんでバズらないようになの?(monet)そもそも爆発的に名前やある1点だけが一人歩きする状態ってフリーランスの作家として自分自身を管理する上でとても危険なことだと思っていて、色々追いつかなくなるだろうし自分のことや、自分の周りで起こっていることは全部把握しておかないと気が済まないので、知らないところで何かが起こってるとか知らないところで話題になってるとか収集つかなくなりそうなのは避けたいなって。

(香音)なるほどね(monet)今回のコラボもそうなんですけど同年代のいろんな業種の友達とかと仕事ができたらいいなって思ってます。(香音)わたしは今年から大学に入ってディレクターも始めて高校生に比べてお仕事の時間も取りやすくなったでより一層お仕事にのめりこめるかなって思うし、これからはよりKOL MEのファンに満足してもらえる商品を作っていきたいと思うし、香音のことを知ってブランドを知るだけじゃなくブランドから知ってもらえる、「このブランドの洋服カワイイな」から香音のことを知ってもらえるような。(monet)モノで評価してもらえるようなね。(香音)そう!あと、あれもこれもやりたいってわがままでもちろん全部やりたいんですけど優先順位をつけて取り組みたいなって。

最後にこの記事を見ているファンの皆さんにメッセージをお願いします

(香音)monetさんとのコラボはすごくやりたかったので今回のコラボはわたしの中ですごく色々monetさんと考えて、いつもの香音が考えるKOL MEのアイテムとはまた違ってmonetさんと共同で世界観を考えてお互いのいいところが全部入りましたってコラボになってるのでみんなにコラボアイテムを着て新しい自分を見つけて欲しいなって思いました。(monet)普段絵を描く時もそうなんですけど、前に大学の講師に「自分だけの作品で出せるのは100%までで120%・150%それ以上を出せるのはコラボしかない」と言われたことがあって。今回もそうなんですけど違う要素を外から入れたときの化学反応や相乗効果がコラボの醍醐味だと思うのでそういう点では遠すぎないけどちょっと違うものをそれぞれ持っているっていうのがうまい具合に融合されたんじゃないかなって。香音ファンから見ても私のフォロワーから見てもカワイイって思ってもらえるものができたと思うので。(香音)ホントにカワイイと思ったものを作りました!(編集)monetさんがおっしゃってたように150%のものが作れたってことですね。(monet)そういうことですね(笑)

表示モード
スマートフォン  |  PC