おしゃれ、そして生き方に“スタイル”のある女性にフォーカスする「My Style is...」
第二回のゲストは、ファッションアドバイザーの日比理子さん。
知性と女性らしさを兼ね備えた、リアルなスタイリングが人気で、雑誌やテレビなど多方面で活躍中の彼女。
今回は、カラーコーディネーターの資格も持つ日比さんに、秋色の取り入れ方をレクチャーしてもらいました。
TPOに配慮した大人の着こなしは、今すぐ真似したいものばかり!

  • 鮮やかすぎず、深すぎない、上品なグリーンのニット。
    今回は、この美しいグリーンを主役にしたかったので、パンツとパンプスは潔くベーシックカラーに。
    アイキャッチになるようなメインカラーには、まろやかなベーシックカラーを合わせると、色同士がケンカすることなく、エレガントにまとまります。今回は仕事の日のコーディネートなので、バッグは黒をチョイスして引き締めました。さらに黒と白の千鳥柄スカーフで立体感を出し、着こなし全体にメリハリをつけました。

  • “大人の”デートを意識して、きれいめのスカートスタイルに。
    タイトスカートはどちらかというと苦手ですが、このスカートは別。身体にフィットし過ぎないので、足さばきも良好ですし、大人が着やすい柄の細かさも◎。トップスはスカートの色をひろって、黒のリブニットに。シンプルに見えますが、首の詰まり具合や袖の長さなど、女性の身体をキレイに見せるための工夫が詰まっています。
    仕上げにバッグでボルドーを投入。赤ほどの鮮やかさがない分、きちんと感が出ます。

  • このニットのベージュは、グレーとカーキの間のような、ありそうでない洗練された色。首を細く見せてくれるボートネックも秀逸です。まさに、さりげなくおしゃれを楽しみたい、ママ友とのお茶の日にぴったりのニット。
    ボトムスは、ニットより明るいベージュのパンツを合わせ、大人らしく落ち着いたグラデーションスタイルに。バッグは秋を感じるマスタードイエロー。イエローは、ベージュの延長線上にある色なので、馴染みながら、両方の色が引き立つ、相性抜群の配色です。

  • この秋、一番気になっている、ベリー系カラー。袖のデザインも今年らしいですね。
    今回は旅に向かうところをイメージしてカジュアルに。ボトムスを変えれば旅先でレストランに出かけるときなど、ドレスアップにも対応できます。足元のローファーは、歩きやすさはもちろんのこと、何よりシックなブラウンに惹かれました。ショルダーストラップつきのウォレットバッグも、旅行にあると重宝するアイテム。明るい色を小さく差し込んで、スタイリング全体の明度をUPしました。

日比 理子  ファッションアドバイザー

航空会社で客室乗務員として10年勤務したのち、アパレル業を経て、フリーのファッションアドバイザーとして独立。
色彩や骨格スタイルアドバイザーの資格も取得し、シンプルな中にも上品な女性らしさが光る、等身大のスタイリングが広く支持を集めている。
著書『MY STYLING BOOK いつもの服でおしゃれな雰囲気のつくり方!』(大和書房)、『MY FASHION BOOK 色合わせと着こなしでいつもの服がおしゃれに見える!』(大和書房)は累計発行部数10万部を突破。プライベードでは二児の母でもある。

表示モード
スマートフォン  |  PC