おしゃれ、そして生き方に“スタイル”のある女性にフォーカスする「My Style is...」。
8月も後半に差し掛かり、そろそろ夏服に飽きていませんか? でもまだまだ暑い日は続きます……。
そこで今回は、パーソナルスタイリストの大日方久美子さんに“秋色夏アイテム”を使った、
夏から秋へのスイッチコーディネートを提案してもらいました。
大日方さんの週末のワンシーンを切り取りながら、4つのコーディネートをお届けします。
大人の女性の、上品でリラクシングな着こなしは必見です!

  • 「秋色と言えばブラウン。白や黒、鮮やかな色を楽しんだ夏から、ブラウンにスイッチすると、気持ちも着こなしも一気に秋めいて新鮮に。白をたっぷり含んだブラウンから取り入れれば暑苦しくなる心配もありません。このリブトップスはロイヤルミルクティーのような繊細な色。少し焼けた肌はヘルシーに、白肌はリッチに見せてくれます。直線の襟元が顔や首をシャープに演出し、印象がぼやけないのも◎。二の腕が隠れる五分袖も大人に優しいですね。キャメルのワイドパンツを合わせ、ベージュのグラデーションに。バッグとサンダルは黒できりっと引き締めて」

  • 「週末は海の近くにあるシェアハウスで過ごすことが多いのですが、行き帰りは、海と街、それぞれの風景に馴染むよう、きれいめミックスのカジュアルスタイルを楽しみます。例えば、デニムにとろみ素材のブラウスを合わせたり。このブラウスはネックが高くてクラシカルなので、一点投入でデニムの表情をがらっと変えてくれます。ボトムを変えればオンにも活躍間違いナシの優秀アイテム。バッグはキルティング調のバケツデザインで女度高めに。デニムはストレッチが効いていてフィット感が絶妙! 締めつけがないので、長時間のドライブでも快適に過ごせます」

  • 「Tシャツのグレイッシュなカーキが生きるように、ボトムにグレーを選び、トーンonトーンコーディネートに。ニュアンスカラー同士で濃淡をつけてあげると、着こなし全体がぐっと洗練されます。上下セットで着たいし、着て欲しい組み合わせです。Tシャツはゆったり感も程よく、適度にハリのある素材なので、裾をアウトしても立体感があり野暮ったくなりません。スニーカーは、その軽さにびっくり! 旬のダッドスニーカーのようなボリュームがありながら、大人も取り入れやすいシンプルなデザインで、今っぽさとスタイルUPの両方が手に入るのも嬉しいですね」

  • 「主役は、秋の気分を先取りできるグレンチェックのパンツ。黒のトップスと黒小物を合わせ、晩夏のトラッドスタイルを楽しみました。パンツはハイウエスト、かつウエストのサイドベルトがアクセントになり、フラットシューズでも脚を長く見せてくれる優れもの。さらさらとしていて、リアルに夏の終わりから着られる素材、というのもポイント。秋が深まったら、ロングブーツを合わせたいですね。トラッドなコーディネートを今のバランスにしてくれているのが、チェーンストラップのミニウォレットバッグ。こんなに小さいのに、機能的なところもニクい♡」

大日方久美子 / パーソナルスタイリスト

アパレルメーカーに勤務後、2013年にパーソナルスタイリストとして独立。
同時にスタートしたインスタグラムでは、エレガントな着こなしとスタイリッシュなライフスタイルが垣間見られ、今では8.2万人のフォロワーを抱えている。
2016年4月に初の著書『“エレガント”から作る大人シンプルスタイル』(KADOKAWA)を出版。

表示モード
スマートフォン  |  PC