新しい生活がスタートする春は、気持ちもおしゃれもリフレッシュしたくなりませんか?
そこでまずは「デイリー服」をアップデート。
毎日着る、おしゃれのベースになる服だから、
着回しがきいたり、スタイルUPが叶ったりと実用性がありながら、
春のおしゃれ気分を盛り上げてくれるアイテムがベスト!
今回は、高見え必至の春の新作をピックアップして、8つのデイリースタイルを提案します。

優しげ配色で手に入れる透明感のある知性

どんなボトムスとも好バランスで、合わせるアウターも選ばないボートネックニットは着回し力抜群。真っ直ぐな襟のラインが首を細く長く見せ、ややゆとりをもたせたアームホールが気になる二の腕をさりげなくカバーしてくれるから、実力以上に上半身を華奢に見せてくれる効果も。トレンドのミントグリーンを選べば、素肌の透明度があがり、表情までクリーンに。ボトムスは、マリンデザインのトラウザーパンツ。上品なミルクティベージュを合わせると、春らしく柔和でフレッシュなスタイリングが完成。足元はベージュの延長線上にあるパイソン柄で遊びを効かせて。

着る人の魅力を引き出すオールホワイトスタイル

清潔感と清涼感に溢れたオールホワイトコーディネート。上質なスーピマコットンを使用したリブカットソーに、微光沢のあるとろみ素材で仕立てられたジョグパンツ、マットな表情のロングカーディガンと、同じ白でも表面感の異なるアイテムで組み立てると、メリハリがつき、“のっぺり”とは無縁の洗練された着こなしに。カーディガンの丈もポイント。腰回りを包む長さがあるからこそ、すっきりとしたIラインが際立ち、スタイルUPをアシストしてくれます。装飾をそぎ落としたノーボタンのガウンデザインだから、良い意味で前に立ちすぎず、シーンレスで活躍します。

こなれ度が見違えるジョグパンツを投入

コーディネートの「土台」となるボトムスを更新すると、おしゃれの鮮度はぐっと上がります。例えば、ジョグパンツ。落ち感のあるとろみ素材ならオンオフ問わず活用できるうえ、ヒップまわりにゆとりがあって裾に向かって細くなるシルエットやセンタープレスが、脚のラインを美しく補正してくれます。自宅の洗濯機で洗えるのも魅力。トップスはゆったりとした身ごろのドロップショルダーのニット。裾をパンツにタックインし、ウエストラインをマークするのを忘れずに。白のフェイクレザー×雑材素材のショルダーバッグで、女性らしい軽やかさを後押し。

オールブラックで作る芯のある女性らしさ

凛とした強さやかっこよさのある「黒」は、どこかにフェミニンな要素をいれて。上半身をタイトに、下半身にボリュームを持たせた、フィット&フレアのシルエットなら、ワンツーコーディネートでも女性らしさは格別。Tシャツは、シルクのような光沢があり、着心地も滑らかなスーピマコットンを使用。腕をほっそり見せてくれる少し長めの袖丈も相まってカジュアルになり過ぎないのが◎。バッグはスポーティなムードのPVCミックス。付け方をアレンジできるロングネックレスでゴールドのアクセントをプラスし、ラグジュアリーで軽やかな「春の黒」を全身で楽しんで。

「型」にはまらないアーバンなマリンルック

春の爽やかな陽気にぴったりのマリンルック。ボーダーにネイビーのパンツ、そして小さな赤といった、“王道”も素敵だけれど、今っぽく、都会的にアップデートしたいときは、スモーキーなブルーグリーンのワンカラーにトライ。ウエスト位置に配されたゴールドの小さな飾りボタンが、“ほっこり”とは一線を画し、マリンスタイルをクールに昇華してくれます。ウエスト位置は高めで、フロントにタックも入っているので脚長効果も。足元は、スエード調のサンダルをチョイス。黒でもベージュでもなく、こっくりとしたブラウンを効かせるのが、あか抜けスタイルを作る鍵。

旬の空気感をまとえるボクシーなシルエット

「新しい」気分は、色だけでなく、シルエットでも体現できます。まずは、腰回りまで包むミドル丈のニット。細身のデニムと合わせて、逆三角形のシルエットを作ってもOKですが、ワイドパンツを合わせると、縦長のモードなシルエットに。共地のベルトをジャストウエストで結べば、上半身と下半身の境界線をきちんと作れるので、バランス良くまとまります。シルエットがモードなぶん、色は女性らしくまろやかに。白のニットに、赤みのある血色カラーのパンツやバッグを合わせると、ぐっと親しみやすく。サンダルはヌーディなベージュをセレクトして抜けを作って。

NOTカジュアル!クール派のボーダースタイル

カジュアルなイメージが強い、定番人気のボーダーニットも、選び方や合わせのアイテム次第で、カッコよく、きれいめに着こなせます。配色はモノトーン一択。白ベースのボーダーニットなら、ラインは黒。さらに、顔まわりに白が多めにとられた変則的なボーダーは、ボーイズライクになり過ぎることもなく、モダンなムードが漂います。ボトムスはすっきり見えが叶う、黒のパンツを。裾に向かって細くなるトラウザーシルエットならミニマルな仕上がりに。雑材のバレエシューズも、黒でトリミングされたデザインなら、甘さがほど良く引き算され、心地よくまとまります。

ふんわりTブラウスで品よく華やぐ

肩の切り替え部分にタックをあしらい、ボリュームをもたせた袖は、しなやかなドレープを描き、日常をドラマティックに彩ります。文字通り「着映え」するTブラウスは、持っておいて損のない一着。ジャージ素材で、大げさにならないのも、デイリー服として取り入れやすい理由。スカートを合わせてとことんフェミニンに着ても、ベージュのグラデーションを落ち感のあるワイドパンツで作り、大人の色気で包んでもOK。大振りのピアスを足すと、顔周りの華やぎが加速します。バッグは、今季注目のパイソン。ゴールドのハンドルがリッチな雰囲気をプラスしてくれます。
スタッフクレジット
  • Model / Yoshiko Kris-Webb
  • Photo / Yusuke Raika(aosora)
  • Hair&Make-up / Masaaki Fukugawa
  • Styling / Mie Saito
  • Edit&Write / Ayako Suzuki(HRM)
表示モード
スマートフォン  |  PC