「新しい日常」が謳われてから一年以上が過ぎ、なんとなく使えそう、流行っているから、と
ワードローブを無尽蔵に増やす時代は終わりました。
そう、私たちは、もっと丁寧に「ものの価値」を見極めるようになったのです。
だって、毎日でも着たくなる「お気に入り」さえあれば、おしゃれはまわり、楽しめるのですから。
そこで今回は、何度着ても、また同じその服で出かけたくなる、
そんな「着たくなる理由」があるトップスを5着、厳選してお届けします。

  • TOPS ¥3,289
  • SKIRT ¥4,389
  • BAG ¥4,389
  • SANDALS ¥5,489
シャリ感のある肌触りが心地いい、これからの季節に最適なリブニット。
身体に張り付きすぎないので、一枚でもインナーとしても活用できます。
細かいリブと、首を少し隠すハイネックが縦のラインを強調し、5分袖が二の腕をカバー。
さりげなくスタイルUPをアシストしてくれます。
繊細な立体感を持ち、風に揺れるプリーツスカートを合わせれば、メリハリのあるこなれた着こなしに。
合わせる靴とバッグ次第で、オンからオフまでシーンを選びません。

  • BLOUSE ¥3,850
  • SKIRT ¥5,489
  • BAG ¥4,389
  • SANDALS ¥4,950
  • SUNGLASSES ¥1,320
  • BANGLE ¥1,980
リネンライクな素材が描く、袖の柔らかなフレアのラインが、動くたびにさらさらとなびき、
着ている人の輪郭を涼しくやさしく魅せてくれます。
デコルテはシャープなVネックで、甘さをほど良く引き算。合わせたのは、共布のスカート。
ラップ風のデザインで裾に向かってフレアの切替が入っているので、セットで着れば、
ワンピースのように華やかな着こなしが即完成。
靴とバッグもニュートラルな色でまとめると、初夏の光が味方する柔和な女性像に。

  • KNIT ¥3,850
  • PANTS ¥5,489
  • BAG ¥4,389
  • SANDALS ¥4,389
  • EARRINGS ¥1,760
  • BANGLE ¥2,530
汗ばむ季節や湿度の高い日も快適に過ごせる、ドライタッチな素材を用いたトップス。
幅広のボクシーなシルエットは、合わせるボトムスを選ばず、着痩せ効果も絶大。
リブ仕様の裾はインしてもアウトしてもOK。
袖もリブ切替になっていてハリがあるので、二の腕をほっそり見せてくれます。
肌に血色をプラスし、表情を華やかに見せてくれるダスティローズはイチ推しカラー。
きれいめスタイルはもちろん、デニムともマッチして女度を上げてくれます。

  • TOPS ¥3,289
  • PANTS ¥5,489
  • BAG ¥4,389
  • SANDALS ¥4,389
  • NECKLACE ¥3,289
  • SUNGLASSES ¥1,320
ハリのあるスポーティなナイロン素材と、袖にギャザーを寄せたフェミニンなデザイン。
キャラクターの異なる「素材」と「デザイン」をミックスしたトップスは、
手持ちのワードローブに新しい風を呼び込んでくれます。
くすみピンクのパンツを合わせれば、クールな黒がレディに昇華。
淡水パールのネックレスを重ねづけしたり、シャイニーなネットバッグをプラスすると、重さとも無縁に。
サンダルは黒を共通項に、肌感を多めにすると、抜けが生まれます。

  • TOPS ¥4,389
  • PANTS ¥4,389
  • HAT ¥2,530
  • SHOES ¥3,289
  • BAG ¥4,389
ほど良く透ける素材で仕立てたシャツ。ダブルポケットが、視線を上げるとともに、
透け感を抑えてくれるので、シアー素材初心者でも気負いなく取り入れられます。
ゆとりのあるシルエットと、長めの着丈は、トップスとしても、羽織りとしてもアレンジ可能。
ボトムスはリラクシーなジャージ素材のパンツをチョイス。さりげないフレアのラインで今っぽさをONして。
帽子とバッグの黒でフレームを引き締めたら、足元はクリアなサンダルでみずみずしさと軽さをプラス。

  • Tomorrow is new me
    キレイの先へ。「着たい」が高まる服

  • feel relax & easy
    服からはじめる、丁寧な暮らし

  • cross the border , cross the gender
    シェアしたくなる服

表示モード
スマートフォン  |  PC