初夏から夏へと移り変わるこれからの季節は、
おしゃれをするのにも、暑さや紫外線など、気になることが増えてきます。
そこで今回は、マシンウォッシャブルを大前提に
UVケアや接触冷感など、最新機能を搭載した「夏名品」をご紹介。
もちろん、機能性だけでなく洗練されたデザインであることはマスト。
頼れるハイスペックワードローブで夏のおしゃれをスマートに楽しんで。

“涼感サマーニット”で
デイリーベーシックを底上げ

カットソーよりも、きれい見えが叶うサマーニットは、ONにもOFFにも活用できる優秀アイテム。ほど良く開いたボートネックとフレンチスリーブが、デコルテや肩周りをすっきり見せてくれます。さらに、触った瞬間ひんやりと感じる「接触冷感」機能付きなので、気温や湿度の高い日も快適。肌と着こなしに光を足してくれる白多めの変則ボーダーは、合わせるボトムスの色を選びません。明るいベージュとなら、柔和な印象に。バッグも寒色系をセレクトすると一層涼やか。

一枚で着映え確約!
甘くて辛い“華やぎトップス”

甘さと辛さの両方を兼ね備えた、ペプラムデザインのトップス。ウエスト位置高めからたっぷり入ったギャザーは、ふわっと風に揺れ、甘く華やかなムードを醸します。さらに、右肩から「斜め」に入ったフリルが、シャープでモードな印象をプラス。シンプルに、シルエットの美しいパンツを合わせるだけでサマになるうえ、洗濯機で洗えるので、一枚持っていると重宝すること間違いナシ。足元は、アクセサリー感覚ではけるシルバーのサンダルをチョイス。

カジュアルなのにドラマティック
“リラグジュアリーワンピース”

リラクシー+ラグジュアリー=リラグジュアリーなワンピース。ジャージー素材で、マシンウォッシャブル、イージーケア、接触冷感と機能性もばっちり。クルーネック&ノースリーブのカジュアルなデザインですが、裾に向かって広がるシルエットとセンターシームを中心に生まれるドレープが、ドラマティックな印象をメイク。黒より優しく、ベージュより凛としたダークブラウンは、明るい色を合わせると軽やかに。ゼブラ柄のバッグをスパイスとして効かせて。

旬のディテールと抜群のカバー力
華奢見え“袖フリルニット”

幅を広めにとり、フリルをあしらった袖は、アイキャッチになる華やかさがあるだけでなく、二の腕や肩周りもカモフラージュしてくれます。サラリとした着心地で、ニットでありながら、マシンウォッシャブル。抗ピリング、UVケア機能もついているので、安心してたくさん着回せます。爽やかなライムグリーンを主役に、影の役割を濃色のデニムに託したら、サングラスとゴールドのサンダルで、ヘルシーなアクセントをON。夏の光が味方する着こなしです。

Tシャツ=カジュアルを覆す
進化した“大人Tシャツ”

細番手の糸×シルケット加工で仕上げた、大人のためのTシャツ。上品な光沢と落ち感があり、ハイゲージのニット感覚でスタイリングできます。長めの袖や、ゆとりのある身ごろも◎。カジュアルを地味に見せたくないときから、ジャケットのインナーまで、シーンをまたいで活用できます。濃いネイビー×ダークブラウンのこっくりとした配色にすると、深みのあるワン・ツーコーディネートに。雑材のバッグとサンダルで黒を効かせ、全体を引き締めて。

STAFF
Model /Mayuko Arisue
Photo / Hiroya Nishizaki(MOUSTACHE)
Hair&Make-up / NAYA
Styling / Mie Saito
Edit&Write / Ayako Suzuki(HRM)

表示モード
スマートフォン  |  PC