Concept

TAKEO KIKUCHIが紡ぐ
ジャパントラディショナル

日本で育まれてきた伝統や美意識に重なりあう
TAKEO KIKUCHIの現代的なアプローチ。日本の
技法や柄がブリティッシュトラッドに溶け込む。

TAKEO KIKUCHIだけの「Product Notes Japan」

2018Spring&Summer

今シーズンは日本の伝統柄である“彩紋”(さいもん)をフィーチャー

今シーズンのプロダクトノーツジャパンは日本の伝統的な生地のデザインでもある紋にフォーカス。奥行きのある表情のスーツ、ジャケットからパンツ、ニットまで幅広い新ラインナップをご提案いたします。

| KAGOME

籠目

籠目柄は、日本でも古くから魔除けとして使用されて紋の一つに挙げられます。また、変わることの無い籠の目の編み方には『これからも関係は変わらないで続きますように』という意味 合いが込められています。
これをスーツの織り柄に採用し「籠目紋」として表現。素材に独特の表情のある、今シーズンの代表的な柄になります。

YORYU |

楊柳

着物の生地などで用いられる楊柳という、縦方向に凹凸のある生地がベースとなっています。
楊柳そのものが持つ肌への接地面の清涼感という日本発想の機能と、舶来のものである夏物のスーツ地に見られる強撚糸の涼しさを掛け合わせています。
もとより楊柳は涼しげな柳の葉の流れる様子より着想された生地です。
見た目にも、肌触りも涼しげな「楊柳紋」を表現しています。

| SUNAGO

砂子

古くより祝い事の際に金粉を吹いた蒔絵・扇・襖紙などの装飾に用いられてきた砂子。
細かく蒔かれた箔が砂のようにみえることからこの名前があります。
シルクのネクタイや着物の織り方から着想し、日本の伝統的な絣の技法に奥行きのある色合いをブレンドし「砂子紋」を表現しています。

BOUTONNIERE

スーツ、ジャケットのラペルには水引細工のブートニエールが添えられます。こちらは博多水引デザイナー・長澤宏美 氏によるデザイン。

水引は人と人とを結ぶご縁を象徴し、幸運を呼び寄せる意味もあります。水引で真心を結び、ご縁を結ぶ – TAKEO KIKUCHIと大切なお客様とのご縁を結ばせていただく –そんな思いが込められてます。

Item

Item

Lining

Product Notes Japanfor Sculpture

TAKEO KIKUCHIの提案する独自のパターンオーダーシステム“Sculpture”(スカルプチュア)。
TAKEO KIKUCHI Sculptureで、ぜひあなただけの特別な一着をお仕立てください。

  • ラペルのブートニエールにも採用している水引で定番の「梅の花」をあしらった小紋柄。伝統的な柄を色鮮やかな配色で表現しています。

  • ブランドのアイコンであるボーラーハットと日本伝統の絣を掛け合せたデザイン。大柄のボーラーをトーンオントーンでランダムに配置しています。

  • 絣の中に細かなボーラーハットを飛び柄小紋で表現。伝統柄の中に遊び心が効いています。

  • 18SSのProduct Notes Japanを象徴する柄の一つである籠目をイメージしたジャカード織りの裏地です。籠目には魔除けの意味もあり、万事災厄を払える様にという思いも込めてデザインしています。

d
表示モード
スマートフォン  |  PC