本セール
おまとめ割
Back to top

case01 STYLING TPOに合わせたスーツ選び Selection of
appropriate suit.

Question01

Q.パーティーシーンに着ていく
スーツはありますか?
Answer.

ご用意しております。正礼装であるタキシード、準礼装であるブラックスーツはもちろん、レストランウェディングなどで活用できる略式正装であるネイビー、グレーのスーツまで幅広くご用意しております。

スーツカラー別チャート

Question02

Q.普段のスーツをパーティー用に華やかにする
アイテムはありますか?
Answer.

TAKEO KIKUCHIではバリエーション豊かなドレス装身具も取り揃えております。ドレス装身具でスーツの表情は大きく変わります。シーンに応じたチョイスで、スーツの着こなしの幅を広げることをおすすめいたします。

case02 SIZE サイズ The question in the
size of TAKEO KIKUCHI.

Question03

Q.自分に合うスーツのサイズ選びの
ポイントを教えてください
Answer.

スーツをかっこよく着こなすためにはご自身にあったジャストサイズのスーツを選ぶことが重要です。さまざまな体型のお客様へもTAKEO KIKUCHIらしい構築的かつ着心地のよいスーツをご提案いたしております。
(一部商品ではEXTRASIZEもご用意しております)

正しいサイズを選ぶポイント

JACKET

  • step1 胸囲 Chest

    TAKEO KIKUCHIのジャケットは胸寸式のため、サイズ選びは胸まわりを中心に決めるのがおすすめです。適度な厚みを感じさせるのがキレイとされている胸まわり。Vゾーンの合わせ部分から手のひらが入る程度のゆとりを作りましょう。(約10~12cm程度)ラペルが開いたり浮いたりするのは小さすぎ。逆に大きすぎると、背中から見た時、脇の下に不自然なたるみが出ます。

  • step2 Shoulders

    肩幅は二の腕の延長線上の肩先に約1cm程度のアソビが動きやすさにつながります。小さすぎると首の後ろに不自然なシワ(つきじわ)が出ます。

  • step3 袖丈 Arm Length

    腕を垂直に下ろした状態で手首を外側に折り曲げ、手の甲にかかる程度の長さがベスト。袖丈は若干の調整が可能です。
    →補正-袖丈参照

  • step4 着丈 Height

    ヒップにかかる程度の長さ
    がおすすめです。

PANTS

  • step1 ウエスト Waist

    おへそと腰骨の中間あたりで合わせましょう。スーツのパンツを腰に下げて穿くのはNG。正しいウエスト位置で合わせ、ボタンを留めた状態で腰骨のあたりに手の甲が差し込めるのが目安です。
    →補正-ウエスト参照

  • step2 ヒップ Hips

    動きやすさを左右する箇所。ポケットが開いてしまうようだと小さ過ぎ、ヒップ下にたるみが出てしまうようだと大き過ぎです。適度なゆとりがあるものを選びます。ヒップ部分にシワが入っていないか後ろ姿もチェックしましょう。

  • step3 わたり幅 Thigh Size

    もも裏を指先で約1.5cm程度つまめる位が目安です。

  • step4 すそ丈 Hem height

    STEP3までの採寸で選んだパンツから、お好みの裾仕上げでご対応いたします。
    →補正-すそ丈参照

補正について

JACKET

  • 袖丈 Arm Length

    胸周りと肩の寸法から選んだジャケットのサイズに対して、袖丈を調整します。ジャケットからシャツが約1㎝程度出るのがベスト。

  • 着丈 Height

    詰め補正で-3㎝程度の調整が可能です。ヒップの一番出ているところが隠れる長さがおすすめです。
    ※一般的に「総丈(身長×0.86)÷2」がクラシックな着丈とされていますが、現在のトレンドではそこからヒップの一番高いところまでの間で設定する着丈が主流となっています。

PANTS

  • ウエスト Waist

    TAKEO KIKUCHIでは±4㎝(1サイズ)程度のウエスト補正が可能です。ご購入後、体型に変化があった場合も承ることができます。

  • すそ丈 Hem Height

    裾の長さは好みやトレンドにあわせてお選びいただけます。
    現在TAKEO KIKUCHIで取り扱っているスーツの裾口はやや細くなっているため、ハーフorノークッションがおすすめです。

case03 FABRIC ファブリック The question in the fabric
of TAKEO KIKUCHI.

Question04

Q.国によって生地の特徴はありますか?
Answer.

TAKEO KIKUCHIでは主にイタリア、イギリス、日本の素材を展開しております。代表的なものをご紹介いたします。
(※シーズンによって下記以外のお取り扱いもございます)

  • 華やかな色味、色気のあるイタリア

    1733年創業ミルメーカー「PIACENZA」など

  • しっかりとした打ち込みのイギリス

    現存する最古の服地商社「DORMEUIL」など

  • 気候や風土にあわせた日本

    MIYUKI KEORIなど

Question05

Q.SUPER100’Sって何がいいんですか?
Answer.

SUPRE100‘Sは原毛1キログラムで、距離100キロメートルの長さの糸を作ることが出来るという意味で、数字が大きくなればなるほど細く繊細な糸が出来るという指標になります。
繊細な糸で織られたスーツは、表面感触が非常に柔らかく仕上がります。

Question06

Q.モヘアとシルクが入ると
どんな生地に仕上がるの?
Answer.

モヘア混生地は通気性が高く、夏用の素材としておすすめです。シルク混生地は軽さと表面の光沢感が特徴です。
ただし生地が非常に繊細なため、丁寧なお手入れが必要です。

  • MOHAIR モヘア
  • SILK シルク

Question07

Q.TAKEO KIKUCHIのスーツは
いくらから買えるの?
Answer.

10万円台のインポート素材スーツをはじめ、4万円台のリーズナブルなスーツもご用意しております。

TAKEO KIKUCHI

case04 MODEL モデル Selection of
appropriate suit.

Question08

Q.TAKEO KIKUCHIのスーツの
型はいくつあるの?
Answer.

現在展開している主なモデル(型)は、「BRITISH」「LOUNGE」「NARROW」「COMFORT」の4型です。

BRITISH

ビルドアップショルダーウエストが特徴のすっきりとしたフォルム。ブリティッシュの持つ美しさと、更なる着心地(運動量や安定感)を追求した時代に左右されないスタンダードなモデル。

PANTS

  • シルエットはテーパード型
  • ブリティッシュモデル。
  • 安定感のあるサイズ感と運動量を追求したスタンダードモデル。
SIZE
  • 01/S
  • 02/M
  • 03/L
  • 04/LL
  • 05/3L

ナチュラルショルダー、曲線を意識した丸みのある
フォルム。
今のスーツスタイルを具現化したモデル。

PANTS

  • ブリティッシュよりややすっきり見える
    ストレート型シルエット。
  • 膝から裾口にかけややストレートなカッティングとなっており、ふくらはぎのタイト感を無くし、ストレスの無い着心地を追求。
  • 今のスーツスタイルを具現化したモデル。
SIZE
  • 01/S
  • 02/M
  • 03/L
  • 04/LL
LOUNGE
NARROW

ブリティッシュをベースに、タイトにしたスタイリッシュなフォルム。
ブリティッシュ、アトリエモデルの構築、設計を基に、新しくデザインバリエーションとして誕生したモデル。

PANTS

  • ブリティッシュをベースに、ややタイトにしたスタイリッシュなモデル。
  • 緩やかなテーパードシルエットを採用。
SIZE
  • 01/S
  • 02/M
  • 03/L
  • 04/LL

機能性とスタイリッシュさを両立した、ON/OFF兼用モデル。極薄芯を採用し、軽さを追求。また、程よい柔らかさ・丸みを持つ肩部分と立体的なネック周りの形状により、Tシャツ等のカジュアルな合わせにも対応。

PANTS

  • 足元の軽快感と、足を美しく見せるテーパードシルエット。
  • 単品使用でも違和感のないユーティリティ。
SIZE
  • 01/S
  • 02/M
  • 03/L
  • 04/LL
COMFORT

お手入れについて

せっかく買ったジャストサイズのスーツ。
着ているうちに馴染むことで、さらなる魅力が発揮されていきます。
そのためには、日頃のお手入れがとても大切。
正しいお手入れ方法を知って、味のある”着こなし”を楽しみましょう。

01. ポケット中身出す
ポケットの形が崩れてしまうので、中身を出してからハンガーに吊るしましょう。
02. ハンガー吊るす
家に帰ったらハンガーに吊るす、これを毎日のお手入れの基本にしてください。ジャケット用ハンガーは、肩のラインにあった肉厚で丸みのあるものを選ぶと、型崩れが防げます。プラスチック製より木製の方が吸湿性もありおすすめです。パンツ用ハンガーは、クリップの付いた専用ハンガーを選びましょう。裾を上にして吊るすのが正しい吊るし方です。この時に折り目をきちんと揃えて吊るすことも大切です。
03. ブラッシングする
着用後のスーツに溜まっているホコリをしっかり落としましょう。
ジャケットは、前身頃から順に上から下へ繊維に沿ってブラッシング。襟をめくった返り線の部分も忘れずに。後ろ身頃も同じようにブラシをかけましょう。パンツは、裾から腰にかけてブラッシングを。ブラシは、力を入れすぎず軽く優しくかけるのがポイントです。
04. シワついてしまったら
スーツにシワがついてしまったら、軽いものであれば、霧吹きをかけて自然乾燥をさせましょう。なかなか取れない折り目などのシワには、スチームアイロンを当てましょう。直にかけるのではなく、浮かせてシワの部分にスチームを当てて湿気を与えます。乾いたときには、シワが伸びているはずです。
05. パンツの折り目が
消えてしまったら
センターラインはパンツの命とも言えるもの。ラインが消えてしまったら、当て布をして、アイロンがけをしましょう。
06. 最後に
スーツは、「1日着たら1日は陰干しする」が基本です。スーツの持ちが断然変わってきます。風通しの良い室内に吊るしておくだけと匂いやカビも付きにくくなります。また、クリーニングからかえってきた商品はガーメントケースなどに入れて保管しましょう。
表示モード
スマートフォン  |  PC