新潟から届いたボーダーニット -MADE IN 新潟-

感じて欲しい新潟ニットのクオリティー

国内最大のニット産地である「新潟」から届いた、こだわりニット。
太さの異なるボーダー柄は、職人たちの手でひとつひとつ丁寧に仕立てられた、作り手のぬくもりが伝わる逸品。
ジャパンメイドならではの繊細で美しい縫製とシルエットが、抜群の着心地であなたを優しく包みます。

新潟ニットを購入する
新潟ニットの生産工程

「手」によって作られた自信と信頼のモノづくり

編み、裁断、縫製、仕上げと、そのひとつひとつに職人たちの腕とワザが注ぎ込まれたボーダーニット。ここでは仕上がりまでの工程を紹介します。

【 編む 】
ニットの真髄ともいえる、編みの作業。朝夕の気温差や湿度によって糸の詰まり方が微妙に変わるため、細かく調整しながら最新の編み機でゆっくり編み上げていきます。

【 裁断 】
高い技術が求められる裁断はミリ単位のミスも許されない、最も緊張感のある繊細な工程。
なかでもリブの部分はゆがみがでないよう、職人が1枚ずつ手作業で裁断していきます。

【 縫製 】
襟など伸縮性のある部分は職人がひとつずつ目でループ数を数えながら縫い上げるリンキングという手法を採用。
これにより、型くずれのない美しいシルエットが保たれます。

【 仕上げ 】
最後は蒸気を利用した熟練のアイロンテクニックで、一枚ずつ丁寧に仕上げていきます。

新潟ニットを購入する

新潟ニットを購入する

表示モード
スマートフォン  |  PC