Knit 153-17490-003 ¥23,000(T&L ¥24,000)

Knit 153-57490-012 ¥29,000(T&L ¥30,000), Mantle knit 153-97410-093 ¥79,000

一度身に付けると手放せなくなる、“ピュアウール”のやわらかさと温もり…。
ふんわり優美なニットに、洗練された暖かマントに、変化自在なメリノウールに包まれたら
この優しい気持ちを、次世代へ、未来へ、伝えていきたい…。

  • ※価格は全て税抜き本体価格、(T&L)内の金額はTALL&LARGEサイズの価格です。
  • ※掲載商品は全て、店舗・期間限定販売となります。オンラインストアでのお取り扱いはございません。
  • 気持ちを高め、快適さをもたらす。装うことの素晴らしさは、みなさんもよくご存じのはず。アンタイトルが取り組み続けているもうひとつのテーマが、「本物・本質を伝える」ことです。自然環境や伝統、歴史を損なわない、しっかりした背景を持つ原料を、明瞭な行程で加工し、デザイン性や着心地を加えてお届けする。そのクオリティや本質を実感していただくことこそが、次世代へ伝える架け橋になり、生産者を守り、育て、地球を守り、未来を紡いでいく…。アンタイトルはそんな思いをこめて「pure=本物・本質」と定義し、シリーズ化。今回のイベントはその中から「ピュアウール」をご紹介します。

  • 極細で白く、やわらかく、極上の美しさを誇る、オーストラリアのメリノウール。保温性や肌触りのよさという機能面に加え、羊は毎年新毛を産出するので、再生可能という点でもウールは優れた天然繊維です。私たちが今回出会ったのは、ニューサウスウェールズ州にある、プージヌックという、羊毛のさらに種羊を育成する牧場。この土地の良質な牧草で大切に育てられた種羊は、オーストラリア中に出荷され、良質のメリノウールを生み出しています。近年の不況により、手間のかかる羊毛牧場の廃業が相次ぐ中でたどり着いた、メリノウールの「みなもと」。アンタイトルはその糸を繋いでいきます。

  • 不要な衣類をチケットと引き換えにお引き取りし、リユースやリサイクルする「エコロモキャンペーン」など、製品化した衣類の再生活動を始めて今年で10年になります。アンタイトルでは、産地や生産プロセスが安全な素材を求めるほかにも、地球にやさしい、さまざまなウールの提案に取り組んでいます。例えば、裁断くずなどをいかしたリサイクルウールや、川や海を守る無染色のナチュラルカラーウール、撥水加工にフッ素を使わないフッ素フリー撥水加工ウールなど。それらの活動は、ウールの品質や啓蒙活動を世界的に行う、ザ・ウールマーク・カンパニー※1にも賛同されています。

<アンタイトル>のものづくりは、ごまかしが利かない素材の原料が原点です。
本物・本質を“PURE”とたとえ、今シーズンはメリノウールをフィーチャーして
「PURE WOOL」の世界をお届け致します。牧場までトレースできる羊毛を使ったニットや、
環境に配慮したリサイクルウールのコートなど、期間限定のお取り扱いとなっています。
是非会場にてご自身の手で、目でお試しください。

表示モード
スマートフォン  |  PC