秋冬にどうしても増えてしまうのがダークカラーのコーディネート。
シックで大好きだけど、たまには気分のあがる着こなしもしたい!
そんな声に応えて、大人の日常に取り入れやすいベーシックなデザインのカラーアイテムを集約。
人気スタイリスト、安西こずえさんに素敵にスタイリングしていただきました。
最高級ウールならではの美しい艶感を放つコートは
リュクス感たっぷり。
せっかくならきちんとした日だけでなく
オフにも遊びを入れて着こなしたい。
そんな時に重宝するのがカラーニットトップス。
そのまま着るのはもちろん、
アウターの中や上から、腰や肩にと巻いて、
色の主張を面積で調整しながらアレンジしてみて。
少しせり上がった襟のシャープな雰囲気が
小粋なノーカラージャケットに、
マニッシュな素材のジャンパースカートを。
少し垢抜け感をプラスしたいなら、インナーに
目の覚めるような赤のハイゲージニットを選ぶのがポイント。
シックな雰囲気はそのままに、パリジェンヌのような
こなれた印象にまとまります。
上質素材の柔らかな風合いと軽やかな着心地が魅力のダウンコートに合わせたいのは、
リラックス感ときちんと感を併せ持つジャージー素材のカラーセットアップ。
ドルマンスリーブのトップスはゆったり、スカートはマーメイドシルエットでレディに。
手持ちのどんな服と合わせても旬顔に変換してくれる万能色です。
柔らかな色味で顔がボヤけるのを防ぎたいなら、
今季の注目株、ミディ丈コートの出番。
軽やかでソフトな素材感、そしてこの丈感特有の
動きやすさは日常使いにぴったり。
コクーンシルエットとドロップショルダーで
気張らない印象がありつつ、着太りして見えないよう
計算され尽くされた立体デザインも魅力です。
少しくすんだブルーが目を惹く上質なカシミヤ混ロングコート。
カラーコートがこんなに優雅に見えるのは、リッチな風合いとゆったりと羽織れるシルエットがあるからこそ。
ドロップショルダーだから厚手のニットももたつく心配なし。
長すぎずほどよいロング丈で、スタイリングのバランスがとりやすいのも嬉しいところ。
スタイリスト紹介
安西こずえ
Kozue Anzai
大学卒業後、アシスタント時代を経て2000年に独立。
メンズ誌のスタイリングからスタートし、その後女性誌へ。
幅広い年齢層の女性誌を中心に、
モデルやタレントからの指名も多く、
一方ではリゾートウエアブランド「mikomori」、
ニットブランド「wrapinknot」のディレクションをはじめ
アパレルブランドとのコラボ制作、
SNSを通した影響力にも人気が集まる等マルチに活躍中。
Staff
Photography Yuji Takeuchi BALLPARK
Model Reina Asami
Styling Cozue Anzai
Hair&Make-up Mifune SIGNO
Direction Takako Shirasawa
※入荷状況が異なる場合がございます。
※2021秋冬商品の一部より「レギュラーサイズ/トール&ラージサイズ」の商品番号と価格が統一となりました。
※サンプルで撮影している為、実際の商品と素材や仕様、サイズ、カラー等が若干異なる場合がございます。
※「BUY」ボタン以降のページに、該当商品が表示されない場合がございます。
 販売ページが出来次第、順次表示されます。また在庫切れとなった場合は非表示となります。
FEATURE
表示モード
スマートフォン  |  PC