安西こずえさんと考えるモノトーンで過ごすシックな日常5days MONOTONE

簡単にまとまって着回しやすいモノトーンのアイテムはいつも私たちの味方。
でも、誰もが選ぶベーシックな色だからこそ周りと差のつく垢抜けた印象を作りたい。
そんな着こなしのヒントを人気スタイリストの安西こずえさんに指南していただきました。
アイテム選びやコーディネートのポイント満載です。

Monday ベーシックスタイルは 首元からちらりと 遊びを覗かせて

質の良いテーラードジャケットにワイドパンツという
ハンサムなブラックスタイル。
インナーにはそのままブラウスを入れるのではなく、
敢えて丸首のニットを挟み、首元からちらりと
ドットのボウタイブラウスを覗かせるのがポイント。
レディなアイテムの面積を上手に調整することで、
一層こなれ感がアップします。

Tuesday 上質で美シルエットな ハイゲージニットが 着回し力を引き上げる

今の時期、着回し力を品良くあげるなら、
揃えたいのは断然ハイゲージニット。
初秋から春まで長く着られる上質ウール素材で、
身体のラインを拾いすぎず綺麗にみせるカットラインが絶妙。
同素材のカーデと揃えれば、肩に巻いたり、
きちんとボタンを閉めて着たりとアレンジできて
どんなシーンでも活躍してくれます。

Wednesday きれいめの白シャツは リラックスパンツで 一気にぬけ感投入

ボタンの留め外しで印象を変えられるハイネックと
太めダブルカフスのシャツは
袖を通すだけでモードな印象を纏える優秀な逸品。
全身きちんときれいめに整えても素敵、
でもひとひねり加えるなら、リラックスパンツを添えて。
ほどよいラフさを漂わせながらも
都会感を損なわないブーツカットで軽やかな印象に。

Thursday 大人のリュクス感は ワントーンレイヤードが 叶えてくれる

大きめの襟はボタンの開け閉めで印象がガラリと変わる
アイスグレーのショートコート。
誰もがひと目で上質素材と分かる艶感や柔らかな風合いは
ラムウールの中でも最高峰といわれる
ジロンラムを採用しているからこそ。
同じ色のトーンのアイテムを重ねれば、
コートのリュクスな美しさがより一層際立ちます。

Friday オールブラックは 異素材合わせのグラデで 洗練度アップ

全身をブラックで覆い尽くす時には、
異素材のアイテムを選んでコントラストを出し、
メリハリのある印象を確実につけることが、
シックな着こなしを実現させる最大のポイント。
こんな軽快なロングスカートが一枚あれば、
真冬の黒のウールアイテムも瞬時に華やいで、
重くなりがちな印象を簡単に回避させてくれます。

スタイリスト紹介

安西こずえ Kozue Anzai

大学卒業後、アシスタント時代を経て2000年に独立。
メンズ誌のスタイリングからスタートし、その後女性誌へ。
幅広い年齢層の女性誌を中心に、
モデルやタレントからの指名も多く、
一方ではリゾートウエアブランド「mikomori」、
ニットブランド「wrapinknot」のディレクションをはじめ
アパレルブランドとのコラボ制作、
SNSを通した影響力にも人気が集まる等マルチに活躍中。

Staff
Photography Yuji Takeuchi BALLPARK
Model Reina Asami
Styling Cozue Anzai
Hair&Make-up Mifune SIGNO
Direction Takako Shirasawa

入荷状況が異なる場合がございます。
サンプルで撮影している為、実際の商品と素材や仕様、サイズ、カラー等が若干異なる場合がございます。
「BUY」ボタン以降のページに、該当商品が表示されない場合がございます。
販売ページが出来次第、順次表示されます。また在庫切れとなった場合は非表示となります。
表示モード
スマートフォン  |  PC