ポイントキャンペーン

2018 Season Column

8.Sep
白露 -hakuro-

ちょうどいい甘さのさじ加減ってこういうコト!
「anatelier (アナトリエ)が教えてくれる、大人かわいいの新基準」

今回のお題は「大人の可愛らしさ」。エレガントで上品なスタイルは大人の女性にとって必須。そして女心をくすぐる可愛らしいデザインやディテールのアイテムに、ときめく気持ちは女性らしさを活性化させて美容にも効果的という説もあります。でも、ちょっと待って、過剰な大人かわいいファッションは危険な香りが・・・。今回は、人気ブランドanatelierがセレクトした秋の新作アイテムをご紹介しながら"大人かわいい"の新基準を紐解いてみました。

白露(はくろ)とは…
今年は9月8日。
朝夕の涼風が少し冷たく感じて、秋の気配を実感できる頃。秋本番に似合うワードローブを充実させたい時季です。

  • line
  • facebook
  • Twitter
「カワイイものは大好き。大人世代にちょうどいい可愛らしさを見つけたい」
anatelier (アナトリエ)が選んだバイイング、別注、WEB限定モノで叶えます!

今回は秋のブランド企画としてanatelier (アナトリエ)の新作アイテムをクローズアップ。 常に上品でスイートなアイテムを提案するブランドだからこそ、今に似合う最旬の"大人かわいい"スタイルが見つかるはず。anatelierの厳選アイテムをお馴染み大人女子の意見や感想も添えてご紹介します。

  • 女性だけが楽しめるディテール
    「レース&刺繍トップス」

    繊細なレースや刺繍、可憐なモチーフをファッションに取り入れられるのは、なんといっても女性の特権。シックカラーで最旬フォルムのトップスを選べば今らしく着こなせます。 左は「moi non plus(モアノンプリュ)」のブラウス。シフォンとレースを組み合わせて優しい印象に。右はWEB限定「haupia(ハウピア)」のシャツ。コットン100%の着心地の良さも魅力的。

    • A香(30歳)160cm

      「ピンクを効かせたお花の手刺繍がカワイイ!ブラックがベースなので甘さを抑えて大人っぽく着こなせそう」

    • E子(46歳)157cm

      「贅沢なレース使い、アンティーク風のラズベリーカラーが私好み。リッチな素材使いや趣のある色合いなどにこだわりを感じます。この"こだわり"こそが大人仕様なのかも」

  • 心ときめくモチーフがポイント
    「ビジュー&刺繍ニット」

    ジュエリーや花柄などの可愛らしいモチーフ使いは多くの女性が好むデザインですが、見た目の質感が重要。大人仕様はやっぱり上品&リッチ見えが必須です。左は「Pridia(プラディア)」に別注したカーデ。アンティーク調のビジューボタンが煌めきます。右は「nesessaire(ネセセア)」と コラボしたフラワー刺繍ニット。どちらも凝ったつくりが"大人かわいい"に必要なリッチ感を与えてくれます。

    • B美(36歳)165cm

      「私はビジューボタンのニットカーデが気になります。きれいな秋色カラーにさりげなくキラキラしていて女子度が上がる感じ(笑)チープなビジューだと子供っぽくなるけどコレなら贅沢な雰囲気で素敵です」

  • 正統派デザインで大人っぽく
    「ピン付きラップスカート」

    今シーズンは異素材使いのプリーツスカートがトレンドですが、今どきの"大人かわいい"を目指すなら、あえて伝統的なデザインを取り入れたプリーツスカートを選んでみては? アイルランドの首都ダブリンで民族衣装であるキルト製品を作り続けている名門ファクトリーブランド「O'NEIL of DUBLIN(オニール オブ ダブリン)」に別注したスカート。前はラップ風、後ろはプリーツを配してすっきり軽やかに着こなせます。

    • E子(46歳)157cm

      「懐かしいデザイン!私史上では3回は流行が巡ってきています(笑)。でもやっぱり伝統的なデザインはいいですね。大人になった今だからこそ清楚にちゃんと着こなせそう。大人の可愛らしさには"清楚"な雰囲気が必要だと思います」

    • B美(36歳)165cm

      「私も大好きです!実は中学・高校と制服でチェック柄のプリーツスカートを履いていました。当時はミニ丈だったけど(笑)。今だからこそロング丈を上品に着こなしてみたいですね」

  • 甘さはほんのり、ビターな着こなしに
    「甘口ワンピース&ビター味アウター」

    甘いデザインのワンピースには、男前なルックスのアウター合わせが今どきの"大人かわいい"スタイル。インドで生産されていてanatelierのみで展開しているブランド「moi non plus(モアノンプリュ)」のレース刺繍ワンピースと、「Nell(ネル)」のウールライダースジャケットなら理想の"大人かわいい"着こなしが決まります。

    • A香(30歳)160cm

      「もともとカワイイものが好きなので、ついつい甘さが過剰になりがち。先日、女子友からも「アラサーなんだからさぁ・・・」と厳重注意をされました(苦笑)。私の場合は、まず男前のアウターから手に入れて、ちょうどいい甘辛コーデにしたいと思います」

    • D恵(40歳)163cm

      「私も可愛らしいデザインのものを選びがちですが、娘や息子から「ちょっと無理してない?」「なんか昔っぽい」なんて嫌味を言われることも・・・。今の自分に合ったカワイイのバランスを見直し中です」

  • 甘いエッスンスをほんのりプラス
    「アクセサリー感覚小物」

    手前と中央はanatelierだけの限定ブランド「moi non plus(モアノンプリュ)」の可愛らしい小物たち。インドの丁寧な手仕事がされたビーズ使いのバッグやスリッポンが、秋コーデに程よい甘さをプラスしてくれます。右はイタリアの上質なレザーを使った「Pratesi(プラテージ)」のバッグ。ハンドペイントで着色した深みのある色合いが特徴的です。

    • C希(33歳)159cm

      「ビーズのスリッポン、すごく可愛いですね!いつものカジュアルスタイルにもぴったり。小物でカワイイものを取り入れると周囲からも褒められるし、私自身も気分が上がります!」

    • B美(36歳)165cm

      「服はシンプルスタイルが好みなので、小物は可愛いものを選んで楽しんでいます。赤いレザーバッグ、しかもミニサイズのバッグを探していました!コーデのポイントにもなりそうです」

  • リアル感が大人かわいいを格上げ
    「リッチなファー小物」

    奥は「Pratesi(プラテージ)」のポシェットバッグ。今シーズンはミニサイズで気軽に持てる"ポシェット"がトレンドです。前は毛足のあるファー使い、後ろは光沢のレザーを配した贅沢なデザイン。シューズは「mio notis(ミオノティス)」で別注したミュールサンダル。ふわもこのラビットファーを用いた2WAY仕様。どちらも"大人かわいい"スタイルを格上げしてくれます。

    • A香(30歳)160cm

      「ファー使いのミュール、今すぐ欲しいです!贅沢なファー使いとエレガントなフォルムが大人っぽくて素敵。これなら"大人かわいい"を極められそうですね(笑)」

    • D恵(40歳)163cm

      「"ポシェット"って懐かしい響きですね(笑)。その言葉からも秋小物として、とても気になっていました。アラフォー世代が持つならやっぱりリアルものが安心。そして可愛いものはやっぱり好きだから、年相応の可愛らしさを常に追求していつまでも取り入れたいですね」

profile

いいたい放題、コメントするのはこんな大人女子たちです!

  • A香(30歳)160cm

    IT系企業で営業アシスタントとして勤務。
    仕事、恋愛、プライベートを充実させたい大人女子。好奇心旺盛で流行には敏感。常に結婚を意識して、婚活に励んでいる。

  • B美(36歳)165cm

    金融企業で人事部チーフとして勤務。
    人材発掘のため出張も多い。まじめにキャリアを積み上げつつ、昨年、結婚。新婚1年目の夫と共通の趣味はゴルフ。

  • C希(33歳)159cm

    幼稚園に通う男の子のママ。
    仕事復帰を目指しているが、今は子育てに奮闘中。最近は、アウトドア好きの夫と共に、親子でグランピングを楽しんでいる。

  • D恵(40歳)163cm

    中学生の長女と小学生の長男を持つママ。
    子供が成長して少しずつ自分の時間を楽しめるようになった。子供の受験を控えつつ、最近、住宅メーカーに仕事復帰。

  • E子(46歳)157cm

    外資系企業勤務。
    仕事のキャリアを積み重ねながら、シングルライフを楽しんでいる。交友関係が広く社交的。料理好きで家庭的な一面があり、程よい距離間のパートナーがいる。

ARCHIVE
表示モード
スマートフォン  |  PC