2021
Season Column

03 Feb.
立春 -Risshun-

そばにいる彼にも、遠くの大切な人にも♥
癒しのバレンタインギフト

バレンタインデーのギフトはお決まりですか? ニューノーマルな生活を意識して迎えるバレンタインデー。大好きな彼や家族はもちろん、今年は遠く離れた大切な人にもギフトを贈ってみませんか?不安やストレスが溜まっている時期だからこそ、明るいサプライズが届いたら新鮮に喜んでくれるはず。今回は、バレンタインデーにまつわるエピソードと共にギフトにおすすめのアイテム情報をお届けします。

立春(りっしゅん)とは…
今年は2月3日。暦の上では春が始まる日です。
身につける服や小物は春色を取り入れて新鮮な着こなしに。

  • line
  • facebook
  • Twitter

Image photo/Yoshifumi Ikeda(BOIL)
Illustration/kayano
text/MIHO HIROSE(HEAVEN)

    <Valentine History>
    愛に溢れる「バレンタイン」のいま、むかし

    「バレンタイン」の由来*は、3世紀頃のローマに実在したキリスト教司祭の名前からといわれています。当時のローマでは、若い男性は戦場へ行くことを余儀なくされ結婚を禁じられていました。バレンタイン司祭は、愛し合っていても結ばれない若い恋人たちを思いやり、密かに結婚式を執り行っていたそう。しかしその行為を許さなかった国はバレンタイン司祭を罰し、処刑してしまうという悲しいエピソードが・・・。それが2月14日だったといわれています。バレンタイン司祭の功績は多くの人々に支持されて後世にも、その愛に満ちた思いは語り継がれています。<*諸説あります>

    日本のバレンタインデーは、かつて某お菓子メーカーが提案した『女性が好意を抱いている男性にチョコを贈る』というイベントが現在でも親しまれていますが、最近では「友チョコ」「自分にご褒美チョコ」という女性にとってもうれしいイベントに。そしてチョコレートの原料となるカカオは、健康や美容にとても良いとされています。でもカロリーも高いので食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。

    <大人の女性にうれしいカカオの効用>
    「美肌」・・・肌老化の原因となる活性酸素を抑える。
    「便通改善」・・・腸内環境を整えて改善を促進。
    「血圧低下」・・・血管を広げて血流を促進。
    「動脈硬化予防」・・・コレステロールの酸化を抑制。
    「脳の活性化」・・・認知機能を高められる効果が。

    <Just Recommend Idea>
    絆が深まる世界のバレンタインデー

    世界ではさまざまなバレンタインデーのスタイルがあるようです。欧米諸国では、男性から女性へギフトを贈ることが一般的。また家族や親しい友人たちと楽しく過ごしたり、ギフトを贈ったりする習慣があるそう。またイタリアでは2月14日にプロポーズすると縁起がいいとされていたり、フィンランドでは「友達の日」としてプレゼント交換がされていたりするそうです。恋人やパートナーはもちろん、家族や仲間との絆が深まる素敵な習慣です。今年は世界のバレンタインデーをまねて、離れて暮らす家族にもギフトを贈ってみませんか? チョコと一緒に普段使い出来そうな小物を添えて贈れば、心のこもったサプライズにきっと喜んでくれるはず!

■バレンタインデーギフトにおすすめのアイテムはコレ!

大切な人のそばにいつでも寄り添う日常使いのバッグや小物をピックアップ!

ARCHIVE
表示モード
スマートフォン  |  PC