2021
Season Column

23 Sep.
秋分 -Syubun-

どうなの?
今どきの学校行事ファッション最新事情

子育て世代にとって、秋はさまざまな学校行事があり、きちんとした服装を着るシーンが多い季節。母として、大人の女性として、自信の持てるスタイルでのぞみたいものです。とはいえ、お仕事服もカジュアル傾向となっている今、学校行事の服は何を着たらよいのか迷ってしまう人も多いようです。今回は、そんな悩めるママたちの声に応えて「今どきの学校行事ファッション」についてご紹介。また、これから学校行事を経験する新米ママさんたちには「あると便利なアイテム」をアドバイス。整えておくと安心な服と雑貨情報をお届けします。

秋分(しゅうぶん)とは…
昼夜の長さがほぼ同じになる日。気温が下がり、秋が深まる頃です。
この時季、子育て世代の方は学校行事やお受験準備などに備えたクローゼット計画が必要に。

  • line
  • facebook
  • Twitter

Photo/Mai Hokari(BOIL)
Illustration/kayano
text/MIHO HIROSE(HEAVEN)

    <Question and answer1>
    Q.お受験、学校訪問などには、どんな服装でいけばいい?

    A. 志望する校風にもよりますが、伝統校では、やはり、きちんとしたスーツを備えておくと安心。いわゆる“お受験スーツ”と呼ばれているタイプです。基本は紺色で、オーソドックスなデザインが好まれます。自主制を重んじる園・学校や中学校・高校の説明会には、お子様だけでなく、お母様自身の個性を出しつつ品のよさを伝わる装いがいいでしょう。紺のジャケットとワンピースを組み合わせたスーツなら、きちんと感があり、しぐさや振る舞いも上品に見えるのでおすすめです。

    着回し力も選びのポイント!
    ワンピースは着回しがしやすく、カーディガンを羽織れば、ちょっとしたお出かけにも使えて便利。七五三などの行事や、バレエ・ピアノなど、上品な装いを求められるお子様の習い事の付き添いや発表会にも活躍してくれます。

    <Question and answer2>
    Q. 保護者会や授業参観は何を着ていけばいいの?

    A.保護者会では、きちんと感や好印象をあたえるセットアップやパンツスーツが好評です。シンプルなアイテムで無難にまとめるのもいいと思いますが、少しだけトレンドを意識したデザインやアクセサリーなどを取り入れてみるのもおすすめ。会話が弾むようなポイントがあれば、周囲の方とちょっとしたコミュニケーションのきっかけになることも。授業参観は普段のお子様やお友達、クラスの様子を伺う大切な行事のひとつです。「ママすてきね」と、お友達から褒められれば、お子様の笑顔も溢れるはず。

    着回し力も選びのポイント!
    黒や濃紺のパンツは、色々なトップスやシューズに合わせやすく便利。例えば、上品トップスとパンプスなら、きちんとしたシーンへのお出かけもできる、きれいめスタイルに。ペタンコ靴やスニーカーを合わせれば、活動的な学校行事のシーンでも重宝します。

■ あると便利な「学校行事向けアイテム」はコレ!

コラムでお馴染みの“先輩ママ”からのアドバイスやエピソードもご紹介!

    さっと着て、瞬時にきちんと見える
    「好印象のワンピース」
    • G里(40歳)162cm:丸の内OLを経て今は専業主婦。娘が小学生になり、近頃は自分磨きに励んでいる。

      「ワンピースはおすすめです。私が好んでいるのはネイビーのワンピ。お受験本番前の準備をはじめ、家族行事にも活躍。また娘の習い事の送り迎えや発表会の時にとても重宝しました。さっと着れば、すぐにきちんとしたスタイルが完成するのでコーデもラクなんです」

    学校・仕事・デイリーにも使える
    「きれいめトップス」
    • C希(36歳)159cm:主婦、子育てが落ち着き、数年ぶりに再就職。小学2年生になる息子あり。

      「近頃は、きれいめトップスも堅苦しくなく、着心地もラクなので“学校行事用”と限定しなくもいいかなと思っています。なので、仕事にも普段にも着られそうな、きれいめのトップスを優先にチョイス。家で洗濯が手軽にできて、なるべくシワになりにくいものを選んでいます」

    好印象に見せて、肌の露出ケアも
    「上品見えカーディガン」
    • G里(40歳)162cm:丸の内OLを経て今は専業主婦。娘が小学生になり、近頃は自分磨きに励んでいる。

      「羽織るだけで、きちんと感が演出できる黒やネイビーのカーディガンがあると便利。ノンスリーブのワンピースに羽織れば肌の露出もおさえられて品よく装えます。上品なボタン使いのクルーネックなら前を閉じればプルオーバー風にもなり、スカートに合わせるのもおすすめです」

    “きちんと”と“テキパキ”を両立
    「黒・濃紺のきれいめパンツ」
    • C希(36歳)159cm:主婦、子育てが落ち着き、数年ぶりに再就職。小学2年生になる息子あり。

      「黒や紺のパンツがあるとスゴク使えます!さらにシワになりにくく、家で洗えるとベスト!保護者会の時は、きれいめトップスと合わせて品よく。アクティブに動きまわる学校活動の時はシンプルなTシャツやプルオーバー、足元はスニーカーで参加しています」

    長い期間、頼りになる相棒に
    「らくちんパンプス&A4バッグ」
    • G里(40歳)162cm:丸の内OLを経て今は専業主婦。娘が小学生になり、近頃は自分磨きに励んでいる。

      「お受験や入学準備に揃えておくと便利なのが、履きやすい黒パンプスと、書類がスマートに収納できる黒や濃紺のバッグ。とくに靴は、痛くなりにくく、疲れにくい、中敷きクッションタイプのパンプスがおすすめです。学校見学や説明会のために1日で何校かまわる時にもラクですよ」

    学校行事に携帯したい便利グッズ
    「スリッパ&サブバッグ」
    • C希(36歳)159cm:主婦、子育てが落ち着き、数年ぶりに再就職。小学2年生になる息子あり。

      「息子の卒園式と小学校入学式用に揃えた携帯用スリッパは今でも愛用。紺色のスマートなものを選んだのでスーツにも合い、すっきり見えて正解でした。サブバッグは、かさばる荷物が増えた時に頼りになります。黒や紺のものだと悪目立ちしないので、学校向けの上品スタイルにもしっくり馴染んでいいと思います」

ARCHIVE
表示モード
スマートフォン  |  PC