2021
Season Column

08 Oct.
寒露 -Kanro-

秋本番を楽しむ
“センスUP↑”コーデはコレ!

長びく残暑、秋雨、台風・・・空模様による気温差が激しくて、衣替えのタイミングが悩ましいこの頃。でも暦の上では秋本番。秋らしいお洒落を思いっきり満喫したいですよね。今回は、今すぐ、そして寒さが増していくこれからのシーズンにぴったりのアイテムとスタイリングをご紹介。さりげなく旬が薫るアイテムや着こなし方で“センスUP↑”できるコーディネートをピックアップしました。また、秋イベントや行事にまつわる豆知識や今どきの事情もお届けします。

寒露(かんろ)とは…
冷たい露が草木に宿る時季。朝夕の気温が低くなり、秋風が冷たく感じられます。
そろそろ温もりのあるニットやアウターを揃えたい頃です。

  • line
  • facebook
  • Twitter

Season image Photo/Mai Hokari(BOIL)
Illustration/kayano
text/MIHO HIROSE(HEAVEN)

    <Season Event1>
    キッズも大人も
    おうちでハロウィンを楽しもう♪

    ハロウィンの始まりはヨーロッパ発祥といわれ、10月31日は今でいう大晦日にあたり、新年と収穫のお祝いと平和な新年を迎えるために悪霊払いのお祭りを行っていたそうです。日本では仮装を楽しむイベントとして親しまれているハロウィン。コロナ禍で派手なイベントは自粛されているものの、お子さんがいる家庭では、おうちで仮装してSNSで発信したり、収穫祭と称して旬の食材を使った料理を味わったりして楽しむ計画を立てていることでしょう。食卓やちょっとしたスペースにパンプキンやオバケなどのモチーフを飾ってみるのもおすすめ。日常に新鮮さを与えてくれる季節のイベントを楽しみながら、秋本番を満喫してみませんか?

    買い出しも気分が上がる!「映えブラウス」
    ちょっとしたイベントがあるとお買い物も楽しくなります。そんなハッピー気分をさらにアップさせるのが旬顔アイテム。1枚で着映えるブラウスを選んで気分を上げながらセンスアップも叶えてくれます。

    <Season Event2>
    思い出に残る記念撮影を
    お子さまの成長を願う七五三

    七五三のきっかけとなったのは、宮中や公家、武家で行われていた風習。その後、江戸幕府第5代将軍の徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈願して11月15日にお祝いをしたことが、現在の七五三の始まりといわれています。七五三に付き物といえば千歳飴ですが、“千歳”には「千年」「長生き」などの意味があり、子どもの健やかな成長や長寿の願いが込められています。紅白の千歳飴には、七五三の年齢まで無事に育ってくれたことへのお祝いの気持ちが込められているそうです。現在では、豪華な衣装を貸し出し、ヘアメイクをして、素敵なセットで撮影してくれる写真館の至れり尽くせりなサービスが大人気。記念となる写真を、じいじやばあばに送ったり、SNSを発信したりして思い出に残しているようです。

    お子さまの装いに合わせて「きちんと感」を
    家族揃って記念撮影をするなら服装に統一感を。アンバランスな服装だと後で後悔するケースが多くあるそう。ママもパパも、そして兄弟や姉妹、祖父母の皆さんも主役のお子さまに合わせた服装がおすすめです。

■ 日常生活や自分時間にもプラスしたい“センスUP↑アイテム”はコレ!

秋本番のコーディネートにお洒落なアクセントを添えるスタイリングをご紹介!

    case1 子供の送り迎え
    「多忙な朝も、ぱっと決まるアウター」
    • C希(36歳)159cm:主婦、子育てが落ち着き、数年ぶりに再就職。小学2年生になる息子あり。

      「送り迎えの時間帯は何かと忙しいので、ぱっとアウターを羽織れる季節は助かっていました。中がゆるいカジュアルでも、今っぽいアウターでそれなりに“ちゃんと見え”できれば、さらにいいと思います!」

    case2 きっちりお仕事スタイル
    「美シルエットのセットアップ」
    • H菜(52歳)159cm:食品会社勤務。職業柄食べることが多く、常に体型を気にしている。

      「ダイエットは常に心がけていますが、年を重ねると体型が変化するので、ジャケットやスーツを新調したいと思っていました。今どきは着心地がラクで、着るだけできれいなシルエットになれるものがあるので頼りになりますね」

    Case3 在宅ワークスタイル
    「表情のあるニット」
    • A香(33歳)160cm:IT企業の営業チーフに。2020年に入籍して新婚生活をスタート。

      「今もリモートワークが多いのですが、頻繁にWEBで打ち合わせがあるので服装には気を使っています。特にトップスのきちんと感は重要。ニットとの重ね着なら、ラクだけど品もあるし、今っぽいセンスもあっていいかも!」

    Case4 自分の習い事
    「コートを脱いでも映えるブラウス」
    • G里(40歳)162cm:丸の内OLを経て今は専業主婦。娘が小学生になり、近頃は自分磨きに励んでいる。

      「テーブル茶道のお稽古は実践とリモートレッスンが選べます。こんな上品なトップスなら、先生にも好印象をもっていただけそう。マンツーマンでも気負うことなく自信をもって、レッスンにのぞめそうです」

    Case5 ウォーキング
    「大人のスポーティスタイル」
    • A香(33歳)160cm:IT企業の営業チーフに。2020年に入籍して新婚生活をスタート。

      「リモートワークをしていると運動不足になりがちなので、アフターや週末には主人とウォーキングしています。そのままショッピングタウンに買い物に行けるような、オシャレ感があるスポーティスタイルがいいですね」

    洗練された素材とフォルムCase6 買い出し
    「スニーカーが似合うワンピース」
    • G里(40歳)162cm:丸の内OLを経て今は専業主婦。娘が小学生になり、近頃は自分磨きに励んでいる。

      「ワンピース好きは昔からですが、スニーカーが似合う今どきのワンピが欲しくなりました。エレガント過ぎず、カジュアル過ぎずが、私の理想。食材の買い出しにも気分が上がる、オシャレなワンピを楽しみたいです♪」

    Case7 週末のリラックススタイル
    「さらりと着られるシャツ」
    • H菜(52歳)159cm:食品会社勤務。職業柄食べることが多く、常に体型を気にしている。

      「凛とした感じで、体型カバーもしてくれるシャツがお気に入りです。ゆとりがあるものを選んで、家でのリラックスタイムにも着ています。ちゃんと見えるので、突然、宅配便がきても慌てることなく対応できます」

    Case8 寒い日に恋しくなる
    「ざっくりケーブルニット」
    • C希(36歳)159cm:主婦、子育てが落ち着き、数年ぶりに再就職。小学2年生になる息子あり。

      「ケーブル柄のニット、大好きです!今年は流行りみたいですね。ざっくりしてこなれ感があるし、おしゃれに防寒できそう。レイヤードが楽しめるベストタイプやトレンドカラーのカーデも着てみたいです♪」

ARCHIVE
表示モード
スマートフォン  |  PC