Makeup lesson_25 by Riho Takahashi

秋メイクのアップデートを!ツヤのあるセミマット肌が今ドキ風

2018.09.10

秋のファッションをこなれて着こなすにはメイクを秋仕様にアップデートすることもお忘れなく!中でも「秋メイクのポイントは肌づくり。今季も優秀なベースメイクアイテムが登場しているので理想の肌を手に入れて」とヘアメイクアップアーティストの高橋里帆さん。 今日は秋の新作コスメを使った今ドキ顔を紹介します。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアメイクアップアーティスト
高橋里帆さん

PROFILE:メイクをする人たちを「ハッピー」にしたい、と持ち前の明るいキャラクターで雑誌モデル達からの支持も高く、ビューティからファッションまで幅広く活躍中。

夏に続き、秋もチェック柄が大人気。ウエストマークをしたシンプルなブラウンワンピースはON・OFF問わず活躍しそう!
「きれいなラインのワンピースを着こなすには過度なメイクをせず、肌づくりにポイントをおいてみて」と里帆さん。肌づくりのポイントは?
「しっとりと肌が潤う感じの仕上がりがベター。ほどよいツヤのあるハーフマットな肌を目指して」。

エトヴォスのブラシ使いでツヤありハーフマット肌をつくる方法

(画像左から)
エトヴォス タイムレスフォギーミネラルファンデーション SPF50+・PA++++ ¥4,600(税抜き)/エトヴォス
エトヴォス スキンフィットブラシ ¥2,300(税別)/エトヴォス

ファンデーションに付属しているスポンジで肌の中央から外側に向かって塗りましょう。その後、ブラシにファンデーションを取り、毛穴を埋め込むようにくるくるとまわしながら顔全体に。ハーフマットのツヤ肌が完成!

ファンデーション前の仕込みはルナソルの化粧下地がおすすめ!今回使用したのは、あたたかみのあるピンクカラーをチョイス。

ルナソル カラープライマー SPF25・PA++ 全2種 30mL ¥3,500(税抜き)2018年9月14日発売/カネボウ化粧品

ここがポイント!ひと手間の“仕込み”をするだけで肌の仕上がりや化粧持ちもグッと良くなりますよ

ローラ メルシエの新チークはどのカラーもおすすめ。今回セレクトしたのはジュワッとにじみ出るような血色感をつくってくれる「ポメグラニット」。頬の高い位置にふわっとのせて、ピュアな色気をまとったハッピーフェイスに!

ローラ メルシエ ブラッシュ カラー インフュージョン 全10色 ¥3,200(税抜き)2018年9月19日発売/ローラ メルシエ ジャパン

目元はブラウンをメインに唇は2色づかいがおすすめ

アイホール全体に右上のブラウン、締め色に右下の鮮やかなオレンジを。「肌なじみのよいイエローとカーキで下まぶたもしっかりメイクして」(里帆さん)
左下のイエローを下まぶた全体にのせた後、カーキをまつげの根元を埋めるように塗ると柔らかな印象に。

RMK ムーンブルーム カラーリングアイズ 全6種(使用は04)¥5,000(税抜き)数量限定発売/RMK Division

オンリーミネラルのリップスティックを直塗りしたあと、軽くティッシュオフして。

オンリーミネラル ミネラル ルージュ N 新2色(使用はラズベリーピンク)¥3,000(税抜き)2018年9月1日発売/オンリーミネラル

ここがポイント!こっくりとした赤みのある色を唇に定着させるとリップ持ちがよいですよ

「唇を立体的に見せるには、中央にもう1色足してみて。深みを与えるTHREEのグロス。秋はピンクがかったパープルがおすすめ」(里帆さん)
最後は唇の中央に“ちょこん”と乗せて、秋仕様を演出を!

THREE リリカルリップブルーム 新5色(使用は08)¥3,500(税抜き)/THREE

  • photo/Ritsuko Aoyagi
  • hair&make/Riho Takahashi(HappyStar)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC