消費税率改正に関する重要なお知らせ

Makeup lesson_36 by Riho Takahashi

夏から秋におすすめ!
着まわしファッション&メイクの黄金バランス

2019.08.08

夏本番!ワールド オンラインストアでは夏から秋まで使える"着まわしファッション"が続々と登場。今回紹介するのはオペークドットクリップの秋コーデ。おすすめは、秋らしいベージュ系のサスペンス付きロングスカートと人気のリブカットソーのコーデ。「ワーク風の大きなポケットがアクセントになっているきれい目カジュアルの代表アイテム。一足先にこなれた秋のファッションを楽しめそうです」とヘアメイクアップアーティストの高橋里帆さん。
「ビューティも秋の新色が出揃う時期なので、ファッションと合わせて秋仕様にすると、グッと大人っぽい仕上がりになりますよ」。
秋の新色アイテムと一緒にメイクのポイントを早速、教えていただきました。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアメイクアップアーティスト
高橋里帆さん

PROFILE:メイクをする人たちを「ハッピー」にしたい、と持ち前の明るいキャラクターで雑誌モデル達からの支持も高く、ビューティからファッションまで幅広く活躍中。
インスタグラム@takahashi.riho


秋メイクは1トーン濃いめの色を選ぶのがおすすめ

「季節感を出すメイクって結構難しいと思われがちですが、より大人っぽく、旬顔になれるコツをお教えします」と里帆さん。 押さえるポイントとは?
「色と質感です。今回、トップスの色に合わせてTHREEのアイシャドウパレットをセレクトしてみました。ブラウンを基調にした配色は肌なじみも良く、色を重ねると自然なグラデーションができるので、活躍の場が広がりそう。また、口元は自然な血色感を出してくれるランコムの大人系のボルドーレッドを選ぶと統一感が出ます」。
でも、注意するポイントがひとつ。
「目元も口元も主張が強すぎるとケンカをしてしまいます。例えば、どちらかにポイントを持ってきたら一方は控えめにするなど、メイクのバランスをとることも大事」(里帆さん)。

<Point1>
メイクの前に秋仕様の肌を仕込む!

肌のトレンドは昨年に続き"ハーフマット肌"がトレンドをけん引。でも、今年のハーフマットの定義はちょっと違うみたい。「今年は"ツヤもあるマットな肌"がトレンドですね」と里帆さん。マットとツヤ、相反するニーズを一度に叶えてくれるのがベアミネラルのスティック型ファンデーション。「水系成分が30%以上も配合されているからつけ心地もみずみずしいです。ファンデーションの厚塗りが苦手という方にも使っていただけると思います」。
さらにひと手間かけるなら、シュウ ウエムラのコンシーラーのW仕様がおすすめだとか。「リキッドタイプでカラーも豊富、しかも肌にピタッと密着するテクスチャーも今っぽく作られていると思うので、1本持っておくと便利!」(里帆さん)。

(画像左から)
デュアルサイド シリコン ブレンダー ¥1,800、CR ハイドレイティング ファンデーション スティック SPF25・PA+++ 全8色  ¥4,200(ともに税抜き)/ベアミネラル
アンリミテッド コンシーラー 全13色 ¥3,400(税抜き)2019年8月21日発売/シュウ ウエムラ

ここがポイント!ツヤ肌を演出する1テクニックはベアミネラルのメイクパフ。「シリコンとスポンジの両面仕様のスポンジをスーッとスライドさせるだけでOK。ファンデーションを顔に乗せてからシリコン側ですべらせるように塗っていきます。均一に、しかもピタッと密着するのでファンデーションとの相性もバツグンです」。

<Point2>
締め色のブラウンは目尻側に一筋

ブラウンカラーを基調にテクスチャーを絶妙に変えて目元印象に深みを持たせるテクニックはさすが! 「右上の明るいブラウンをアイホール1/2に。右下のイエローを先ほどのブラウンに重ねるように塗って」。
左下の濃いブラウンは、目ヂカラを引き立たせるアイライナーとして活用。「目尻側1/2スペースから真横にスライドさせて描きます。最後は下まぶたに右下のイエローをのせると目に立体感が出ます」(里帆さん)。

ディメンショナルビジョンアイパレット 03 ¥6,500(税抜き)/THREE

<Point3>
血色感のある華やかリップ&チークでバランスを整えて

今年の秋、ランコムから大型リップが登場! 「ラプソリュシリーズの中でもカラー、テクスチャー、そしてデザインにとことんこだわって作られたリップ。今回のモデルさんに使用した481は深い赤みを放つボルドー。濃密な仕上がりかと思いきや、スルスル伸びてツヤも出るんです。大人リップにチャレンジしたい方におすすめします」(里帆さん)。

ラプソリュ ルージュ R 481 ¥4,000(税抜き)2019年9月13日発売/ランコム

仕上げはチークカラーを。「ピンクでもなく、コーラルでもない絶妙な色が気に入っています。目元、口元にインパクトを持たせたので、その両方のつなぎになるチークは控えめカラーを選ぶのがおすすめです」(里帆さん)。

ミネラルスムースチーク 01 ¥4,000(税抜き)/MiMC

  • photo/Ritsuko Aoyagi
  • hair&make/Riho Takahashi(HappyStar)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC