台風19号の影響による荷物のお届けについて
消費税率改正に関する重要なお知らせ

Beauty lesson_37 by Mayumi Hasegawa

マットorツヤ? 秋肌をどう作る?

2019.09.30

秋のおすすめメイクのポイントを押さえたら、次は「肌」に注目! ファンデーションアイテムは美容業界でも今もっとも熱いカテゴリーでもあり、すっぴん風の素肌からしっとり美肌まで肌作りのテクニックは毎年・毎シーズン進化して、"なりたい肌になれる"と言われています。メイクだけでなく肌まで秋仕様に変えるとファッションとの相性はもちろん、ワンランク上のおしゃれも楽しめそう。今年の秋はマット? ツヤ? なりたい肌を簡単にかなえる優秀ベースメイクアイテムを紹介します。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
美容エディター・ライター
長谷川真弓さん

PROFILE:編集プロダクション、広告代理店を経て、2009年INFASパブリケーションズに入社。美容週刊紙「WWD Beauty」の編集を担当し、2014年にフリーへ転身。大人女性のWebマガジン「mi-mollet(ミモレ)」(講談社)他、「TOKYOWISE」「@cosme」などで美容記事を執筆中。ビューティにまつわるヒト・コト・モノを精力的に取材している。

最新リキッド&クリームファンデおすすめ3品

「なりたい肌をかなえるアイテム」として機能が格段に進化しているリキッド&クリームファンデをご紹介。今回の3ブランドは、スキンケア効果がありながら仕上がり感をさらに高めた優秀アイテム。
SHISEIDOの新リキッドは潤い&ツヤがずっと続く「フレッシュさ」が人気。それでいて、汗や皮脂によるメイク崩れも防ぎ、ほど良いツヤ肌が1日中キープしてくれる、忙しい女性には嬉しいファンデ。
ローラ メルシエのグロウファンデーションは、ファンデを塗ったことを忘れてしまうような軽い仕上がりが特長です。膜感の残るテクスチャーは苦手と感じている人にこそ試してもらい1品。
これから乾燥が気になる季節におすすめしたいのは、イプサの新クリームファンデ。「とにかく乾いて困る」という肌に潤いを与え、しかも自然なツヤを作ってくれる大人の味方。クリームだけど重すぎないテクスチャーも「さすが!」の一言。

(左から)
SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション SPF35・PA++++ 全12色 30mL ¥6,000(税抜き)/SHISEIDO
ティンティッド モイスチャライザー N SPF30・PA+++ 全6色 50mL ¥5,200(税抜き)/ローラ メルシエ ジャパン
クリーム ファウンデイション N SPF15・PA++ 全6色 25g ¥5,000(税抜き)/イプサ

見た目もカッコイイ!
大人が持ちたいクッションファンデ

今回、大人肌にフォーカスして選んだクッションファンデは、イヴ・サンローランとシュウ ウエムラの2品。
2016年に発売したツヤ仕上げのクッションに続き、今回はマット肌をかなえるクッションファンデを作ったイヴ・サンローラン。柔らかく内側から照らすような優しい光を放つ肌は、大人女性に相応しい発光マット肌。
もうひとつは、春の発売で爆発的にヒットしているシュウ ウエムラの「アンリミテッド ラスティング フルイド」。このファンデを外出先でも使えるように作ったのがこちらのクッションタイプ。薄く、軽く、長く続く、なりたい肌の三拍子をぎゅっと詰め込んだ、クールでポータブルな秀逸ファンデです。
大人肌にぴったり寄り添うクッションファンデを探していた人におすすめです。

(左から)
アンクル ド ポー オール アワーズ クッション SPF50+・PA+++ 全4色 ¥7,500(税抜き)/イヴ・サンローラン・ボーテ
アンリミテッド ラスティング クッション SPF36・PA+++  全8色 ¥6,000(セット価格・税抜き)/シュウ ウエムラ

この軽さに驚き! パウダーなのにパウダレス!

パウダーファンデの機能を極めたファンデもたくさん登場していますが、中でも際立つ2品をご紹介。使うたびに発見と驚きがある「パウダーなのに粉感ゼロ」のアルビオンの新感触ファンデーション。
もうひとつはカネボウ化粧品の大人ブランド「トワニー」から新登場した"しっとり仕上がり"のファンデーション。「パウダーでしっとり&ふんわり感を残す」と相反するニーズをかなえたのが特長。肌に触れるとわかるしっとりなめらかなテクスチャー、これは感動モノです。

(左から)
アルビオン パウダレスト ¥5,000(ケース込み価格・税抜き)/アルビオン
トワニー モイストラッピング パクト 全6色 ¥5,000(税抜き)、ケース¥1,200(税抜き・スポンジ付き)/カネボウ化粧品

  • photo/Nobukazu Tanaka
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC