Hair lesson_49 by Ippei Kimura

「くるりんぱ」するだけでおしゃれに変身!
ハーフアップアレンジ【応用編】

2020.09.23

今回はミディアムからボブスタイルにおすすめのハーフアップヘアアレンジをご紹介。 「華やかさを見せたい時におすすめのアレンジです。ものすごく簡単で、3つに分けた毛束を束ね、くるりんぱをするだけ。本当にテクニック要らずのアレンジなんです」とヘアスタイリストの木村一平さん。
華やか見せのポイントは最初のブロッキングなのだとか。「髪をトップと左右の合計3つに分けるのですが、きちんとまとめずにゆるくまとめて。ライン(境界線)をつけない方が雰囲気が出るし、不思議と立体感も出るんです」。
テクニック要らずのハーフアップアレンジを早速、教えていただきました。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアスタイリスト 木村一平さん

PROFILE:Way’s主宰。パリ、ロンドン、NYでヘアデザインを学び帰国後、表参道の某大型サロンを経て、2015年6月にWay’sを設立。美容を通じて人を幸せにする、ワンランク上の女性のためにInstagram、YouTubeでヘアスタイリングを披露。YouTubeの動画再生回数2,100万回を超える。今年2月にヘアサロンを移転。詳しくは、https://way-s.net/
Instagram : https://www.instagram.com/kimuraippei/


3つに分けて全体のフォルムを決めること
後はくるりんぱをするだけ!

ヘアアレンジの仕上がりを左右する「バックスタイル」。「後頭部にボリュームをつけて立体的に仕上げると、全体の見栄えも良くなります。今回はTOPとその下に横並びで2つ、計3つの変則的なブロッキングで髪全体に動きをつけました。また、全体のフォルムを左寄せにすることでアクセントにもなっています」と木村さん。

ここがポイント!TOPの毛束をゴムで留め、くるりんぱ。「くるりんぱした後はバランスよく毛束を引き出すこと。多めに引き出すとより立体感が出るのでおすすめ」(木村さん)。

TOPの下の毛束を束ねてくるりんぱした後、先ほどの毛束を通します。「おしゃれに見せるひと工夫を。同時にスタイルが崩れる心配もありません」(木村さん)。

3つ目の毛束も同様にくるりんぱしたら、最後に両耳の下の毛束を束ねてくるりんぱ。「3つの毛束をしっかりホールドするように束ねるのがポイントです」(木村さん)。

backstyleはこちら

軽いテクスチャーでまとめやすい髪に

自然な束感も出る、まとまりやすいヘアバーム。適量を髪全体になじませて。ベタ付きも感じないので、ひとつ持っていると便利です。

モイ バーム ウォークインフォレスト 37g 2,600円/ルベル

  • photo/Hiroyuki Tawara
  • hair arrangement/Ippei Kimura(Way’s)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC