Hair lesson_50 by Ippei Kimura

アウターと相性バツグン。大人のお団子ヘアアレンジ【応用編】

2020.10.20

これから秋冬のファッションが楽しくなる季節。タートルネックのセーターやフード付きのパーカー、コートなど厚手のアウターの出番が多くなるため、コンパクトにまとまるヘアアレンジも習得したいところ。
「首まわりがすっきりするお団子ヘアを何度か紹介してきましたが、今回はニュアンスのあるお団子を作りました。ただまとめるだけでなく、ひと工夫して見た目にもこなれ感が出る応用編です。マスクを着けた時とのバランスも良いので、この機会にマスターしてください」とヘアスタイリストの木村一平さん。
ほんのちょっとの「仕込み」でグッとおしゃれになるヘアアレンジ。早速、教えていただきました。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアスタイリスト 木村一平さん

PROFILE:Way’s主宰。パリ、ロンドン、NYでヘアデザインを学び帰国後、表参道の某大型サロンを経て、2015年6月にWay’sを設立。美容を通じて人を幸せにする、ワンランク上の女性のためにInstagram、YouTubeでヘアスタイリングを披露。YouTubeの動画再生回数2,100万回を超える。今年2月にヘアサロンを移転。詳しくは、https://way-s.net/
Instagram : https://www.instagram.com/kimuraippei/

三つ編み後に少量の毛束を全て引き出す
この加減がこなれ感のあるスタイルに

高い位置でポニーテールをした後、毛束を2つに分けてそれぞれ三つ編みしてお団子にする、というのが通常のステップだけど……「いつものヘアアレンジにちょっとだけ工夫をすると、仕上がりがグッと良くなります」と木村さん。
ポニーテールから毛束を2つに分けるのも「お団子に立体感が出るから」。さらに、この三つ編みにもひと手間を。「今までは毛束をつまんで引き出していましたが、今回は少量の毛束を全て引き出しています。ぴょんぴょんとした毛束が見えますが、これがポイント。あとでお団子にまとめた際、この毛束がニュアンスを作り、立体的かつこなれ感のあるスタイルが完成します」(木村さん)。

ここがポイント!三つ編みした後、少量の毛束を全て引き出します。「三つ編みの真ん中から毛先の間の毛束を引き出すと、まとめた時にニュアンスが出やすいかも」(木村さん)。

2つの三つ編みを上下に配置し、根元に巻きつけながらお団子に。「2つの三つ編みをこの位置から時計回りにまわしていくと、きれいにまとまります」(木村さん)。

backstyleはこちら

ニュアンスもツヤ感も出るヘアオイル

髪全体にオイルをつけたらもう1プッシュ分を毛先につけて。「ヘアドライヤーで乾かす前に塗ると髪にツヤが出ます」(木村さん)。

ReAn ヘア&スキンオイル 50mL ¥2500(税抜き)/ReAn

  • photo/Yoshimi Sugiki
  • hair arrangement/Ippei Kimura(Way’s)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC