Hair lesson_56 by Ippei Kimura

高度なテクニックは一切不要。
おしゃれな編みおろしダウンスタイル

2021.04.20

春のダウンスタイル第3弾は、バックスタイルをおしゃれに見せる編みおろしスタイルをご紹介。「くるりんぱと三つ編みだけの簡単テクでも立体的なスタイルを作ることができますよ」と話すのは、Way's TOKYOのヘアスタイリスト・木村一平さん。
高度なテクニックは一切不要。それでいて、こなれ感のあるまとめ髪はON・OFF問わずどんなシーンにもマッチしそう。「簡単ワザあり!まとめ髪」を早速、教えていただきました。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアスタイリスト 木村一平さん

PROFILE:Way's TOKYO主宰。パリ、ロンドン、NYでヘアデザインを学び帰国後、表参道の某大型サロンを経て、2015年6月にWay’sを設立。美容を通じて人を幸せにする、ワンランク上の女性のためにInstagram、YouTubeでヘアスタイリングを披露。YouTubeの動画再生回数2,100万回を超える。2020年12月に表参道にヘアサロン2号店目をオープン。詳しくは、https://way-s.net/
Instagram : https://www.instagram.com/kimuraippei/


技アリ重ねテクで
編みおろしをおしゃれに見せる

おしゃれなヘアアレンジと言えば、高度なテクニックを要するイメージがありますが……。「確かに時間とテクニックを必要とするアレンジもないわけではありません。ですが、毎日は続かないですよね。ファッションやメイクに合わせ、簡単・気軽にアレンジできた方が何倍も楽しくなりますよ」と木村さん。
こなれ感のあるヘアアレンジを作るポイントは?
「立体感です。簡単なテクニックを合わせることで、立体感が出るんです。耳下から編みおろして束ねた髪をくるりんぱすると、髪の流れも見えますし、バックスタイルにメリハリがつくんです」(木村さん)。

ここがポイント!サイドとバックの3つにブロッキングし、サイドの髪をひとつに束ねてくるりんぱした後、髪を3つに分けて三つ編みを。「先ほど束ねた髪も絡ませて三つ編みするのがポイントです」(木村さん)。

三つ編みをしたら毛先をゴムで留め、さらにひと工夫を。「今回はさらに1ステップ追加して、立体感のあるアレンジにしましょう」と木村さん。
「三つ編みの真ん中部分にスペースをとってくるりんぱしてください。三つ編みの毛流れがランダムな動作になり、ここで立体感が出るんです。1ステップをプラスしただけでおしゃれ度もグッと上がるので是非、試してみてください」(木村さん)。

backstyleはこちら

  • photo/Yoshimi Sugiki
  • hair arrangement/Ippei Kimura(Way's TOKYO)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC