Hair lesson_58 by Ippei Kimura

梅雨時期に大活躍!
崩れず、こなれ感のあるヘアアレンジ

2021.06.21

東京も梅雨入りし、湿度でうねりや髪のハリがなくなり、「思い通りのヘアスタイルができない!」と悩む女性も多いみたい。そんな時こそ、クセを上手に隠しながらこなれ感のある簡単ヘアアレンジをご紹介。
「コンパクトにまとめつつ、立体的に作れるので抜け感が出るんです。しかも湿度が高い雨の日でも崩れない、最強のシニヨンです(笑)」と話すのは、Way's TOKYOのヘアスタイリスト・木村一平さん。
早速、教えていただきました!

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアスタイリスト 木村一平さん

PROFILE:Way's TOKYO主宰。パリ、ロンドン、NYでヘアデザインを学び帰国後、表参道の某大型サロンを経て、2015年6月にWay’sを設立。美容を通じて人を幸せにする、ワンランク上の女性のためにInstagram、YouTubeでヘアスタイリングを披露。YouTubeの動画再生回数2,100万回を超える。2020年12月に表参道にヘアサロン2号店目をオープン。詳しくは、https://way-s.net/
Instagram : https://www.instagram.com/kimuraippei/

大人シニヨンと縦くるりんぱ
この組み合わせで梅雨時期を乗り切る

「ジメジメとした湿度の高い日は髪のクセが出やすいんです。外出時間が長くなると髪のハリもなくなるのでコンパクトにまとめるのがおすすめ」と木村さん。
今回のポイントは2つ。「せっかくのヘアアレンジも崩れてしまったら意味がないので、しっかりまとめましょう。三つ編みをした後、根元付近で縦くるりんぱをしてシニヨンを。そうすると髪に動きがつくだけでなく、まとまりやすくなります」(木村さん)。

ここがポイント!髪をひとつに束ねた後、三つ編みを。「髪をまとめる時もタイトにまとめず、束感を残しながらゆるっと編むのがコツ」(木村さん)。

三つ編みの毛先を根元に通し、シニヨンにまとめて。「今回はローポニーの根元に隙間を作って三つ編みを通します。その後はくるくるとまとめてピンで留めるだけ。シニヨンのボリュームを調整して立体感を出してください」(木村さん)。

髪が広がって悩んでいる人におすすめのヘアアレンジ。「ミディアムからロングまで対応できる簡単ヘアアレンジです」(木村さん)。
最後はサイドの髪をヘアアイロンで巻いて完成!

backstyleはこちら

  • photo/Sakiko Adachi
  • hair arrangement/Ippei Kimura(Way's TOKYO)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC