Makeup lesson_60

上級メイクのポイントは
「アクセントカラー」が決め手

2021.10.11

今回の主役は秋から冬にかけ大活躍するショートコート。モスグリーンのきれい色コートを主役に、インナーはホワイトのブラウスとライトベージュのパンツのコーデ。透き通るような美肌の持ち主である元アパレルブティック販売員の動画クリエイター・SAORIさんは「グリーンやブルーのパステルカラーも大好きで普段のコーデに取り入れている」とか。
今回、UNTITLEDのライトグリーンのショートコートに似合うワンランク上のメイクを披露! あえて「同系色でまとめないメイク」を紹介していただきました。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
元アパレルブティック販売員の動画クリエイターSAORIさん

アパレル業での経験を活かし、ファッション・美容に関する動画をメインに配信。また、主婦ならではのライフスタイルや購入品に関する動画も人気が高く、幅広い年代から支持されている動画クリエイター。

Q:SAORIさんの普段のメイクは?

「ここ最近、ブームになっているオレンジやコーラルを使ったメイクがお気に入り。その日に着るコーデに合わせ、ブルベ・イエベのメイクの方向性を決めています」。

Q:今回のメイクのポイントを教えてください。

「ライトグリーンのショートリバーコートの補色であるオレンジやテラコッタ、赤など温かみのある色を使ってみました。アクセントカラーを使うことで、メリハリがつくんです。さらに、下まぶたに遊びゴコロをプラスしたのもポイント。ラメやパール感のあるテクスチャーを大胆に使うと、パーティーシーンにも活躍します」。

抜け感のあるメイクを今風にアレンジするとしたら?

①セルヴォークのヴォランタリーベイシス アイパレットEX-06を使用。右上のゴールドをまぶた全体に塗る。

②左下のオレンジを中央から目尻に向かって重ね塗り。「セルヴォークのアイシャドウは重ね塗りしても厚ぼったくならないのでおすすめです」(SAORIさん)

③右下のブルーを下まぶたに。「上下のカラーを変えると抜け感も出せるし、遊びゴコロもあるメイクが楽しめます」(SAORIさん)

④今秋デビューしたばかりの「do natural(ドゥーナチュラル)」の「ディファイニング アイライナー ペンシル」のブラウン(BR02)を。上まぶたのラインに沿って描く。「アイラインは5ミリほどラインを伸ばして描くのがポイント。しっかり締めるところは締め、後は抜け感を出します」(SAORIさん)
⑤マスカラはブラウンを。「上下たっぷりにマスカラをつけてボリュームを出します」(SAORIさん)

⑥ブラシで自眉を整えてから「ドゥーナチュラル スタイリング アイブロー ペンシル」のブラウン(BR02)で1本1本描くように。

色と質感で透明感を引き出す
チーク&リップ

引き続き、オレンジやレッドが人気の秋の新色。NARSの大人気リップカラーの新色を早速トライ。「マシュマロみたいにふわっと塗れる軽いテクスチャーが気に入っています。どの色も今っぽさを感じるし、試してみたくなりますね。今回は新色の中からオレンジ系の02690を選びました」(SAORIさん)。唇中央に塗った後、指でポンポンとなじませて。

チークはリップに合わせ、ドゥーナチュラルの0R02を。「繊細なパールを配合しているので、透明感のあるヘルシーな肌に。頬の高いところを中心にだ円を描くようにふわっとのせています」(SAORIさん)。

  • photo/Narumi Muramatsu
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC