Hair lesson_63 by Ippei Kimura

ピンなしで作る
こなれ感のあるヘアアレンジ

2021.11.22

コーデに合わせてヘアアレンジが楽しくなる季節。「ストレートのダウンスタイルもいいですが、今回はこなれ感のあるヘアアレンジを紹介します」と語るのはWay's TOKYOのスタイリスト・木村一平さん。
「ミディアムくらいの長さのある方や髪のボリュームが多い方におすすめ。ピンを使わずゴムだけでまとめる簡単アレンジです」。早速、教えていただきました。

PROFILE

お話を聞いたのは・・・
ヘアスタイリスト 木村一平さん

PROFILE:Way's TOKYO主宰。パリ、ロンドン、NYでヘアデザインを学び帰国後、表参道の某大型サロンを経て、2015年6月にWay’sを設立。美容を通じて人を幸せにする、ワンランク上の女性のためにInstagram、YouTubeでヘアスタイリングを披露。YouTubeの動画再生回数2,100万回を超える。2020年12月に表参道にヘアサロン2号店目をオープン。詳しくは、https://way-s.net/
Instagram : https://www.instagram.com/kimuraippei/


ピンが無くても崩れない! その秘密はくるりんぱ

不器用さんでも簡単に、しかもピンが無くても崩れないスタイルが作れるというから興味津々。「僕たちもそうですが、ピン留めは最終手段。できることならピン無しでアレンジしたいですよね。ピンが無くてもコツさえ掴めば、まとまりのあるスタイルも可能。それを叶えるのが3つのくるりんぱです」(木村さん)。

センターにギザギザに分け目をつけて後方でツインテールを作ったら、それぞれくるりんぱ。片方の毛束の毛先をもう一方のくるりんぱしたところに通すだけ。
「ゴム留め&くるりんぱはヘアアレンジの最強コンビ。束ねた後にくるりんぱでしっかりホールドすると、崩れにくくなります」(木村さん)。

ここがポイント!今回のポイントは毛先を交互のくるりんぱの穴に通すこと! 「首元をすっきり見せたかったのとサイドからバックにかけて毛流れをボリューミーにしたかったので、アレンジをプラスしました」。逆サイドの毛束も同様に。

残った毛束をひとつにまとめて3度目のくるりんぱ。「キュと引き上げて結び目をしっかりホールドしたら崩れません」。最後はサイドの髪をヘアアイロンで軽く巻いて完成。

backstyleはこちら

  • photo/Yoshimi Sugiki
  • hair arrangement/Ippei Kimura(Way's TOKYO)
  • text/Mayumi Hasegawa
表示モード
スマートフォン  |  PC