「冬の着こなしは、アウター次第」ですが、印象がワンパターンになりがちなのも悩みどころです。この冬は、どんなアウターをどう着こなすべきか、人気スタイリスト望月律子さんが指南。これから活躍するおすすめアウターと、そのスタイリング実例をお届けします。すっかり新しくなったシルエットとバランスも、ぜひチェックしてください。

レディスファッション誌やブランドの広告など幅広く活躍。自身の私服も注目されているスタイリスト。著書『望月律子のBASIC THEORY』が好評発売中。

襟が凝っていたり、2WAYになっていたり、新鮮な印象のアウターが多く出ています。トレンドのビッグカラーとボリュームカラーの2WAYが楽しめるダウンジャケットは、前後差のあるテントラインが新鮮。裾を絞るとシルエットバランスが変化してスタイルアップ見えも叶えてくれます。撥水・透湿・防風機能の付いた素材と高品質ダウンを使用した本格派。裾を絞れば、コンパクトな丈感で可愛く決まるので、ケーブル編みのニットアップでフェミニンにスタイリングしました。
“黒ダウンジャケット”は着回しの効く超定番アウターですが、デザイン襟やシルエットが新鮮だとさらにおしゃれに着こなせます。スタンドカラーの甘めブラウス、マニッシュなチェックパンツといったようにさまざまなテイストをあえてミックス。シックな色使いなら大人っぽくまとまりも出ます。ダウンジャケットの袖口はゴムシャーリングで防寒性が高く、インナーはブラウスだけですがあたたか。“おうちで洗えるダウンジャケット”なので、安心してヘビロテができますね♪
マニッシュとかシャープな方向ではなく、リラクシーな雰囲気が今どきであわせやすいチェスターコート。ウールカシミア混素材は軽くて、大きめの襟や太めの袖も大人可愛い雰囲気です。着心地は楽ちんで、ボリューミーなニットでもすっきり。キレイな色味に惹かれて選んだコートは、キャメルとの相性が配色としても新鮮。安定のボーダーニットを合わせて、冬のマリン風カジュアルにスタイリングしました。もちろん、黒、白など定番色でシックにまとめてもカッコいいと思います。
ウールとカシミヤを混紡したビーバーモッサ素材のチェスターコート。包み込むようなシルエットがリラックスできる1着です。色違いの杢調ライトグレーがとても上品だったので、淡いトーンでまとめながら、おでかけ向きのスタイリングに。誰からも好感を持っていただけると思います。足元をお行儀よくすると数年前から変わらない感じになってしまうので、レースアップブーツをセレクトしました。色味も引き締め効果があり、ほどよく辛口感が出るので今年らしく着こなせます。
“ザ・ダウン”という感じのベーシックなスタイルですが、袖を通すとわかるのがコンパクトでほっそりしたシルエット。ダウンの悩みである“着膨れ”をさらりと解決してくれます。フードがハズせる2WAYタイプで、カジュアルからキレイめまでアレンジできるのも優秀。とても上質なダウンを使用することで、しっかりしたあたたかさもキープしています。ライトカラーのダウンジャケットは、いろいろなカラーコーデが映える1着。キレイな色と旬柄を合わせてフェミニンに決めて!
撥水・透湿・防風・軽量でソフトな表地に高品質ダウンを内蔵。おうちで洗えるのも高ポイントのダウンジャケットは、ミルクチョコみたいな色が新鮮でカラーバリエーションとしてセレクトしました。ダウンジャケット、ニット、デニムのベーシックなあわせも、配色にこだわることでぐっと新しい雰囲気を楽しめるはず。ミルクチョコ×ボルドーの配色がこっくりとしてキレイで、秋冬らしいムードも高まります。小物はベージュ、オフ白のライトカラーでトーンアップすると重く見えません。
キルトコートもとても人気のあるアウターですが、これは機能性だけでなく着回せて着映えする1着。大小2種類のダイヤ柄キルトを組み合わせて細見えを計算したり、内側のフェイクファーが気持ちよくて癒されます。ただし、カジュアル系アウターは気を付けないと“山っぽく”なりがちに。ほっこりしたい日はそれでもよいのですが、友だちとランチをする、ショッピングに行くといったシーンなら、配色や素材合わせで大人っぽさを意識すると、さらに高見えして素敵に着こなせます。
スタンドカラーコートとキルトライナーがそれぞれ単品でも着回せる優秀アウターです。ドローストリングは高めのウエスト位置で、軽く絞るだけで女性らしいシルエットと脚長感が実現。さらっと羽織るだけでカッコよく決まるし、ボリューム袖も今どきのデザインです。リラクシーなジョグパンとローファーでカジュアルにあわせていますが、インナーの絶妙なニュアンスカラーが雰囲気を盛り上げてくれます。大きめバッグを小脇に抱えて、カッコよく着こなしてください。
襟や袖に今年らしいボリュームを出したブルゾンは、素材感や配色など存在感もしっかり。メンズライクな雰囲気ですが、バランスのよい着丈ですらりと決まりますし、女性の華奢さを強調して、さりげなく小顔効果も発揮します。カジュアルにまとめるより、とろみ素材のスカートなど繊細さのあるアイテムをあわせるのがおすすめ。シワ加工プリーツスカートはグレーをセレクト。全身をモノトーンでシックにまとめることで、よい意味で“アウターが主役”の着こなしが完成します。
すっきりしたVネックのデザインがインナーを選ばない、リバー仕立てのコートです。細かなチェック柄はトラッドシックで上品。黒無地のリバーシブル、共生地ベルト付きと着回しやすく、さまざまなアレンジが可能です。今回はカジュアルに見えがちなデニムスタイルに優雅な動きを出したくて、チェック柄を表にしてゆったりと羽織るように着こなしました。袖口を少し折り返してあげると、こなれ感が出ますし、ブラウスの黒とリンクしてコーディネイトにまとまりも出ます。
配色のパイピングが効いた中綿コートは、表側にステッチを出さないことですっきりとした印象にデザインされたもの。吸湿蓄熱の機能性中綿を使用しているので、薄めでもあたたかく軽やかな着心地をやくそくします。ちょっとしたおでかけや愛車派の方にも愛用していただけるはず。オフ白のニットとブーツ、ミントグリーンのコーデュロイパンツとちびバッグといったように、配色を絞りつつ、明るいトーンでまとめることで、爽やかさをキープしつつ、華やかな高見えコーデに。
表示モード
スマートフォン  |  PC