「冬」重ねる テクニック 「冬」重ねる テクニック

ストールを巻く、軽コートに冬コートをレイヤードする—。
寒い冬のおしゃれが格段にあたたかく、
楽しみを増すのが「重ねる」着こなしです。
人気スタイリスト望月律子さんが提案する、
冬ならではのレイヤード・テククニックをご紹介。
機能性だけでなく、こなれ感と新鮮さの演出に欠かせない、
冬ならではのおしゃれをマスターしてください。

Winter Layering Technique 01

大判ストール×ストールクリップでケープ風にアレンジ

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

裏表で配色が逆になる正方形のフリンジストールを三角に折り、マント風に肩にかけたスタイリング。そのままでは落ちやすいのですが、ストールクリップを使えば、簡単にレイヤードが決まります。クリップのビット風モチーフもトラッドなムードでアクセント効果を発揮。ホールガーメントのワンピースにレイヤードすれば、シックなアウター感が出て、よりリッチに着こなせます。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 02

2本のストール×パールクリップでフェミニンな立体感を

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

巻き方次第で色の出方を楽しめるリバーシブル配色のストールを2枚、贅沢に使ってみました。マフラータイプの細身なので、2枚を重ねるとちょうど大判ストールぐらいのボリュームが出ます。ざっくり巻くだけでいろんな色が出て、こなれ感もアップ。淡いグレーに上品なパステルが大人の甘さをほどよく添えてくれます。パールのクリップで艶感を足せば、さらにリッチ感も高まります。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 03

シルクスカーフ×ロングネックレスで脱コンサバなレイヤード

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

着心地のよいホールガーメントニットに合わせたのは、シルクスカーフとネックレス。ペンダントやロングネックレスはトレンドですし、スカーフも人気が再燃しています。スカーフだけでは、ややコンサバなムードになりますが、アクセサリーを重ねれば、今どきの雰囲気に。三角形に折ったスカーフは前からひと巻きして、下で結ぶだけ。縦ラインができるので、小顔効果も狙えます。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 04

チェック柄ストール×チェーンクリップでカジュアルをアップデート

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

結ばずにくるっと巻き付けたシンプルなストール使いですが、そこにチェーンクリップをプラスするのが今年らしさ。いつものカジュアルも、グッとアップデートした感じに決まります。リバーシプルコートのボリュームやヘアスタイルに合わせて、巻き方はアレンジを。コンパクト巻きからゆったり羽織りまで自由にあしらいつつ、チェーンの輝きを添えるだけで大人っぽく仕上がります。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 05

リバーコート×コーディガンでしなやかにあたたかく

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

軽やかな着心地が魅力のリバーコートやコーディガンが人気です。「冬は寒い?」と思う方もいらっしゃいますが、薄手だからこそ“重ねる”着こなしが素敵に決まります。さっそく、この2着をレイヤードしましょう。コートインにはダウンが人気ですが、薄手のコート同志をレイヤードすると柔らかな雰囲気をキープしたままで防寒性がアップ。爽やかな配色も“高見え”のポイントです。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 06

チェスターコート×バルキーニットでプラスカジュアルに

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

スタイリッシュな雰囲気のチェスターコートが再び新鮮です。マニッシュで端正なムードをストレートに楽しむのも素敵ですが、レイヤードで少し崩すと今までとは違う着こなしに。例えば、インナーは女性らしいとろみ素材のブラウス、肩にはボリュームニットをサッとかけて——。顔周りに立体感を盛ることで、小顔効果やある種の華やかさもしっかりとプラスすることができます。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 07

シャツジャケット×タートルニットはシックなトーンで

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

しっかりした生地で仕立てたシャツジャケットは、1枚ではもちろん、コートやジャケットインにも使えるアレンジしがいのあるアイテム。インナーにはタートルニットなど、首元が隠れるトップスを合わせるのが今季のスタンダードなので、薄手ニットでスタイルよく着こなします。全体に色味を合わせたワントーンに、ストライプのタイトスカートがキリッとしたアクセントを加えています。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 08

ガウンコート×アラン編みカーディガンのウールリッチな重ね着

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

ハイゲージのハイネックニットにVネックのカーディガンを重ね、さらにネイビーのコートを羽織った、ウールアイテムを3つ重ねたスタイリングです。コート自体はサラッと羽織ることができるボタンも裏地もないライトコート。素材や表情は少しずつ違いますが、どれもあたたかみのあるウール系なので、スタイリングにもまとまりが生まれます。温度調節もしやすい機能的コーデです。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 09

リバーコート×ダウンコートでカジュアルをアップデート

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

2種類のチェック柄が楽しめる人気のリバーシブルコートと、しっかりしたつくりのライトダウンジャケットを重ねたスタイリングです。ダウンジャケットはフードを取りはずすこともできますが、後ろ姿のポイントにしたいのでそのままに。インナーのハイネックニットを同系色にすることで、ボリューム感のあるものを重ねても、印象はすっきり。重たくならず、おしゃれ度がアップします。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 10

ニットポンチョ×プリントワンピースでイメージチェンジ

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

さまざまな素材やデザインのケープが出ていますが、意外と大げさになりがちなので、こういったニット素材のものは、カーディガン感覚で使いやすくおすすめ。ワンピースは、着こなしがワンパターンになるとか、コーディネイト感を出すのが難しいと思われますが、ケープニットをスポッと被るだけで印象がチェンジ。右側だけスリットが入り、さりげない細見え効果も期待できます。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 11

圧縮ニットポンチョ×ニットでシルエットを遊ぶ

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

ベーシックカラーのコーディネイトですが、動く度にひらひらするシルエットの華やかさやレイヤードの複雑さが着こなしに立体感をプラスしています。軽く圧縮をかけたニットポンチョは、5分袖なので、ベスト感覚で着用できるレイヤードの簡単なアイテム。今回はタックパンツですが、ロングスカートやワンピースなどに、ウエストをマークしないでゆるりと着るのが今の気分です。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 12

ジャージーワンピース×タートルニットでこなれ感と個性をプラス

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

今シーズンは、ワンピースやシャツのインナーには、タートルニットやハイネックニットを合わせる着こなしがトレンド。ウールジャージのボートネックワンピースも、上品なデザインそのままではなく、薄手のタートルニットで少し崩して新鮮にスタイリングします。ヘアスタイルもまとめてすっきりさせるだけでなく、柄スカーフをヘッドバンド風に巻いてアクセントにしました。

MORE ITEMS

Winter Layering Technique 13

シャツワンピース×ハイネックインナーでコントラスト配色を楽しむ

Ritsuko Mochizuki’s Recommend Styling

バンドカラーのシャツワンピースが人気ですが、こちらの場合もハイネックのインナーを合わせるセオリー通りにスタイリングしてみましょう。すっきりしたバンドカラーなら、タートルニットでも重たくならないし、首元がピタッとしたものを着るだけであたたかく新鮮な雰囲気に。今回は、鮮やかなレッドに対してシックなグレーの配色を効かせて、大人っぽくカジュアルダウンしました。

MORE ITEMS

掲載アイテム一覧

表示モード
スマートフォン  |  PC