RUNA おしゃれも仕事も楽しむ女性に向けたファッションサイト

おしゃれも仕事も楽しむ女性に向けたファッションサイト

春の大本命アイテムをゲット!RUNAで見つけるワードローブの新定番

人気スタイリスト濱口さんがピックアップした、この春おすすめのアイテムと
その着こなし術を伝授。春気分を堪能できる色や、着こなしをおしゃれに彩る柄など、
今シーズンも私たちをワクワクさせてくれるアイテムが揃いました。

Featuring Brands: UNTITLED , INDIVI , Reflect , COUP DE CHANCE , SunaUna , JET , Untit_ , SOFUOL

ボタニカル柄スカートで着映え度満点の春色コーデ
水彩タッチで描かれたオリジナルのボタニカル柄スカートを主役に、柄のオレンジ色の反対色であるブルーのスプリングコートを羽織って、爽やかな色スタイルに仕上げました。キレイめなトレンチコートとスカートの着こなしは、コンサバティブになりすぎるので、インナーにはスウェットを合わせてカジュアルな抜け感を。スウェットは、淡いトーンの着こなしをキュッと引き締めてくれる黒を選ぶのがポイントです。

POINT

程よい厚みとしなやかなハリ感を生かしたナローなシルエットが女性らしい。

変形スカートでつくる 大人好みのエフォートレス
変形シルエットのロングスカートは、サイドスリットで動きのあるシルエットを演出してくれます。微光沢が艶っぽく女性らしいアイテムは、風合いのあるニットカーディガンでニュアンスを加えてこなれたムードにシフトさせて。インナーには、カーキと相性の良いイエローのブラウスを選んで差し色を。主張のある色もカーキで落ち着いた印象にまとまります。リラクシーなスタイリングでも、大人っぽさはキープできます。
ピンクパンツとブラウンのしゃれた配色
今年、風水的にも運気が良いとされるピンクカラーは、着こなしをパッと華やげてくれるのも魅力のひとつ。甘めの色が苦手な方は、シャープなシルエットのかっこいいパンツで取り入れるのがおすすめ。また、ピンクは甘さを軽減するために黒を合わせることが多いですが、今シーズンはブラウンで引き締めるとぐっと旬なスタイリングに仕上がります。黒よりも優しげでニュアンスのある色コーデが楽しめます。

POINT

まっすぐなレッグラインでスタイルアップ効果も。ストレッチの入った着心地の良い1着。

定番コーデをマイナーチェンジ ブルゾンジャケット
白Tシャツとデニムパンツの定番スタイルを、スタイリッシュに彩るブルゾンジャケット。カジュアルなアイテムですが、上質なツヤと落ち感が上品で大人っぽく着こなせます。見慣れたスタイルも、モード感のあるアイテムを1点取り入れるだけで簡単に垢抜けた印象に早変わり。エッジを効かせるシルバーのアクセサリーや、アクセントを加えるイエローのパンプスなど、ポイントのある小物使いでより感度を高めて。
気負わずリラクシーに装いたい リネンジャケット
コシの抜けた風合いとツイル目が出すリネン独特の光沢で、カジュアルにもキレイめにも着こなせるテーラードジャケット。ダブルブレストも今年らしさを演出してくれます。同素材のパンツと合わせたセットアップのスタイリングは、きまりすぎず今年らしいエフォートレスな装いに。さらりとした着心地とシワさえも味になるこなれた風合いは、リネンならでは。足元はシルバーのシューズでハズして余裕のあるおしゃれを。

POINT

ルーズなシルエットながらも、ウエストを少しシェイプさせたキレイめなシルエットに。

アクティブなジップパーカでプレイフルなミックスコーデ
フェミニンなスタイルにオンするだけで今っぽくきまるシースルーのジップパーカは、配色パイピングと反射テープでスポーティな仕上がりに。アスレジャーなムードは、この春も引き続きトレンドキーワードになっているので、チャレンジして欲しい着こなしです。パーカの透け感を生かして、中にボーダーカットソーをセレクトしました。無地でも良いのですが、柄があるとワンランク上のスタイリングに仕上がります。
大人にも似合う上品さマウンテンパーカ
裾のドローストリングを絞ってミニマルなシルエットで着こなしたマウンテンパーカ。ネイビーに映えるゴールドジップがクラス感のある仕上がりに。スポーティなアイテムは、あえて女性らしいスカートスタイルに取り入れると簡単におしゃれが完成。パーカ以外をきちんと見えするアイテムでまとめれば、オフィスにも馴染みます。今シーズンは、ジャケットの代わりに取り入れて垢抜けた通勤スタイルを楽しんで。

POINT

フードがキレイな形を保てるように、衿の高さ、真の硬さにもこだわったデザイン。

洗練された白のワントーンスタイル
ほどよいシアー感と天然素材の風合いが特徴のチェックシャツと、肌触りの良い柔らかなコットン素材のフレアスカートでワントーンスタイルに。簡単にこなれた着こなしになるワントーンは、引き続き人気のスタイリングです。肌馴染みの良い白でつくると、女性らしい優しげな印象になるのでおすすめ。のっぺりとした印象にならないように、表情のある素材感を選んで奥行きのあるスタイリングを目指して。
レイヤードして違った印象にジャンパースカート
ウエストサイドのベルトでラップ風デザインに仕上がった、ナローシルエットのジャンパースカートをジレ風にスタイリングしました。パンツを重ねることでまた違った印象で楽しめ、スタイリングの幅がぐっと広がります。カジュアルなイメージのジャンパースカートですが、スッキリとした素材感で都会的でかっこ良い雰囲気があるので、上品に着こなせます。着まわしにも最適なのでワードローブにあると便利なアイテムです。

POINT

適度なストレッチ性が着心地良く、シワになりにくいのも嬉しいポイント。

小花柄のプリーツスカートで華やかなジャケットコーデ
トレンドの小花柄で表現したプリーツスカートと、鮮やかなグリーンのリネンジャケットで季節感たっぷりの華やかなスタイリングに。小花柄にボーダーを合わせた柄×柄は、ボーダーのピッチが細く柄が主張しすぎないので小花柄でも喧嘩せずうまくまとまり、無地のインナーを合わせるよりも感度高くきまります。ジャケットはやや長めの丈感なので、ロングスカートとも相性良く、今年らしいバランスに仕上がります。
表示モード
スマートフォン  |  PC