大人×トレンドの上手な付き合い方
大人×トレンドの上手な付き合い方
「トレンド」というと難しいとか派手に感じる大人は多いよう。
でも、トレンドこそが今の空気であり、大人のお洒落の味方!
ベーシックだけでは、どんなに上質でもどこか“古臭く”見えがちです。
取り入れやすいトレンドを見つけたら、ひと手間をかけてなじませる——。
絶対に失敗しない方法を人気スタイリスト望月律子さん本人の
スタイリングと着こなし実例でレクチャーします。
「トレンド」というと難しいとか派手に
感じる大人は多いよう。でも、トレンドこそが
今の空気であり、大人のお洒落の味方!
ベーシックだけでは、どんなに上質でも
どこか“古臭く”見えがちです。
取り入れやすいトレンドを見つけたら、
ひと手間をかけてなじませる——。
絶対に失敗しない方法を
人気スタイリスト望月律子さん本人のスタイリングと
着こなし実例でレクチャーします。
望月律子
UNTITLED,INDIVI,Reflect,SunaUna,Untit_,JET
まずはベースを知ることから。あなたは辛口派? 甘口派?
あなたにとってのベーシックは、どちらでしょうか?ワードローブにあるアイテムや色の傾向から、どちら寄りか分かります。私の場合はシンプルでマニッシュアイテムが多く、カーキやネイビー、グレーなどの寒色が目立つので、プライベートでは断然、辛口派です。
望月律子
アイテムでもいいし、色でもOK。気になるトレンドは何ですか?
この春、あなたのワードローブに新風を吹き込むとしたら、何を選びましょう。例えば、甘口派の方なら、甘めのトレンドではなく、対局にある辛めのトレンドを。ただし色やディテールなど、どこかに甘さがあると合わせやすいし、着こなしも意外なほど収まります。
望月律子
ここがいちばんのポイント。 ひと手間をかけて、なじませて
最適なトレンドを選ぶことができた場合でも、そのままポンと入れるだけでは浮いてしまうことがあります。トレンドをこなすには、着こなしや小物使いが重要になってきます。大人×トレンドの橋渡しをしてくれる、最後の仕上げのコツも各々お伝えしますね。
望月律子
辛口さんが着こなしやすいのは、パッと見ると花と分からない少しぼかした図案。さらに細かい柄ゆきを選べば、甘さも気にならずトレンド感を楽しめます。
寒色系の甘すぎないスカートに合わせたのは、ボーイフレンド風カーディガン&ロゴT。肩に羽織ることで颯爽とした抜け感もプラスされるので、極端な甘×辛にならず、脱コンサバな雰囲気で着こなせます。
春は大人ブランドから、より洗練されたワーク系アウターが続々と登場。クリーンなデザインなので甘いアイテムとも相性がよく、それでいて印象を今っぽく引きあげてくれるおすすめトレンドアイテムです。
配色の関係で旬色をセレクトしましたが、定番色なら、ネイビーやキャメルも素敵。甘いアイテムとのコントラストがやや強すぎる黒以外をおすすめします。
グレイッシュなパステルカラーが豊富な春。寒色系を着慣れている辛口さんには、いつものワードローブの延長線上にある旬色として、くすみブルー、くすみグリーンが扱いやすくおすすめです。
クールなキーホールネックとボリューム袖のバランスが絶妙なブラウスをコーディネート。白以外のトップスなら、グレー、ネイビー、ブラックも似合います。
レモンイエローからマスタードイエローまで、豊富なカラーレンジに迷う人も多いと思います。甘口さんが差し色に使うなら、濃いめのくすみイエローが◎。
淡い色味のレーススカートの女っぽさにスパイシーなインパクトをプラスできます。つなげるのはシャイニーなバッグ。メタリックシルバーの艶感を足すことで、さらに華やかさと強さを着こなしで表現できます。
さらに進化しているセットアップはリモワ・テレワが増えていることから、ラフな雰囲気のものを選びました。上下がお揃いだからこそのきちんと感はもちろん、単品で着用した時の“今っぽさ”もポイントです。
サファリ風シャツとイージーパンツの組み合わせは、使い勝手のよい定番色グレージュを。つなげつつ、引き締める意味でダークブラウンの小物をちらします。
上下で揃えておけば、ダブルのジャケットを羽織ってもカッコいいし、シャツを生かしてロングタイトスカートで女っぽく、フーデットニットにパンツでカジュアルにと着こなしのバリエーションも広がります。

PAGE
TOP

表示モード
スマートフォン  |  PC