New Season! WEEKLY STYLING

テレワ / リモワ時代の1週間スタイリング

暑い夏が終わり、通り抜ける風に
気持ちもクールダウンする秋。
毎日を心地よく過ごすこと、
おしゃれを楽しむこと、
時には声を出して笑うことで、
エネルギーをチャージしましょう。
人気スタイリスト望月律子さんが
提案するシーン別、
秋の1週間スタイリングをヒントに
これからの季節に活躍する、
キーアイテムを手に入れて。

Stylist 望月律子 プレシャス、エクラなどの大人の女性ファッション誌やレディースブランドの広告、トークショーなど、幅広く活躍。自身の着こなし、私服も注目されているスタイリスト

feat.BRAND UNTITLED INDIVI Reflect CdeC DRESSTERIOR

この日だけ焼きあがるコーンブレッドを買ってサンデーブランチの準備!

1週間のなかでは、もっとも着こなしで遊べるオフの日ですから、トレンドを意識したカジュアルに。スポーティだけどモード感も忘れない、お洒落な大人の週末スタイルは「白」の使い方が鍵に。

小顔効果も期待できる大きめスタンドカラーのストレッチブルゾンは、プッシュアップが決まりやすいハーフゴム仕様の袖口や、コードを絞るとシルエットが変わる裾ラインなど、凝ったディテールがワザあり! 一方、カラーパンツは春に大ヒットしたイージーウエストテーパードパンツのストレッチウールバージョン。ウエストがゴム仕様で楽ちんですし、オフィスにも着回せるキレイめシルエットが高ポイント。秋は配色に“真っ白”を効かせて、爽やかなスタイリングを心がけて。

STYLING

重要な会議で出社する日。       お気に入りのスーツを着たら       足取りも軽やか

パンツスーツは、明るく華やかな印象になるピンクベージュをセレクト。足元もカラーパンプスで繋げます。インナーはとても重要なので、トレンドパワーのあるスタンドカラーのブラウスをチョイス。

シャープなラインと長め丈が着回しやすいジャケットと、スタイリッシュな美脚シルエットに定評あるパンツのスーツスタイルです。フラットではなくミックス感のある素材は、シワになりにくいイージーケア性とUVケア性の機能付き。リサイクルポリエステルを使用しているので、地球環境にも配慮しています。シルキーなジャージとシフォンの二重仕立てのブラウスは、ゆとりのあるスタンドカラーとタックがVゾーンを華やかに演出。ストイックななかにも、女性らしさが香ります。

STYLING

資料探しに街を巡る日。お気に入りのウェアでこなれたカジュアルに

Tシャツとパンツの秋らしくスモーキーな配色がポイント。ワンピースの前をあけて軽アウター風に羽織れば、デニム素材の持つ“カジュアル感”のおかげで、重め配色も引き上げてくれます。

今年らしいバトンカラーのシャツワンピースは、1枚着はもちろん、レイヤードや羽織にも着回せる優秀アイテム。フラップ付きポケットなど、ワーク系のディテールもトレンドを押さえています。チャコールのレタードTシャツはもちろんですが、パンツもカラダのラインを拾わない、ゆったりめのテーパードシルエットに。2ウェイストレッチのダブルクロスは、ジャージ風で着心地も抜群ですが、センタープレスが入っているので、通勤シーンでの活躍は間違いありません!

STYLING

母の頼まれごとで外出の日は、間違いのないコンサバな好感度スタイルで

ツインニットとプリーツスカートのお行儀のよいスタイリングです。レザー調スカートや足元にボリュームの出るブーツなど、さりげなく旬のバランスを取り入れるのはマスト!

ツインニットは定番的なアイテムですが、だからこそ、今どきの着丈や袖丈、ボタン使いなど、“ニューベーシック”なアイテムを選ぶことが大切です。スカートは上品な艶感のエコレザーに、特殊な変形アコーディオンプリーツを施したこだわりのアイテム。おかげで気になるおなか周りは目立たず、細見えするよう工夫されています。バッグやショートブーツまでを含めた全身を上品なベージュのグラデーションでカラーコーディネート。優しく淑やかな第一印象に仕上げます。

STYLING

ホームワークがメインの日。気分転換を兼ねてアロマの買い足しに!

V開きが深くて、大人っぽく着用できるジャンスカを選びました。シャツを合わせて、きりっと印象を引き締めて。足元はスニーカーではなく、サイドゴアブーツでカジュアルモードに仕上げます。

深めのVネックと縦に長いシルエットがモードな“大人のジャンスカ”。上質なイタリア製の生地は、驚くほど軽くてしなやかなので、晩夏ならTシャツを合わせて着用するのもおすすめです。秋はゆったりシルエットのシャツブラウスをコーディネート。ラメ糸がアクセントにきらめくストレッチコットン素材ですが、細めのストライプがすっきりとした印象に。胸元のあきが気にならないように前あき部分に隠しスナップボタンが付いている、そんなきめ細やかな仕様もうれしい1着です。

STYLING

準備してきたレセプション当日。落ち着きと華やぎの好バランスを目指して

1週間のなかでは、いちばんエレガントなシーン。ブランドや素材が違っても、カラーを揃えるとこんなに素敵ですし、コーデ感も出ます。ネイビーのカラーや素材感もあって、品格ある華やかさが。

キレイめな印象のブラウスですが、じつは伸縮性に優れた着心地のよいジャージでつくられています。“詰まり過ぎていない”ハイネック風の首元がポイントで、1枚着はもちろん、ジャケットスタイルのインナーとして、さまざまに活用を。スカートは、前後差を付けたタイトなマーメイドシルエット。配色レースは高級感があり、長めのレングスもドラマティックな創造力を掻き立てる旬なデザインです。後ろウエストはゴムなので楽ちん! というのもじつはとても重要なポイント。

STYLING

週末はふらりとドライブへ。窓の外で流れる景色を見てリフレッシュ!

小さな花柄のワンピースを、アウターで少しカジュアルに振った着こなしです。オーバーサイズのフード付きアウターに包まれるような感覚で、オフの日のリラクゼーションを穏やかに楽しんで。

根強い人気のダンボールジャージで仕立てたフーデットコート。リラクシーな要素をちりばめたデザインですが、サイズや仕様を見直すことで、通勤にも活躍する着心地のよさとスタイルアップ効果をプラスしています。着流しスタイルでは寒くなったら、前を止めることも可能。ボタニカルモチーフにニュアンスカラーが儚げな、バンドカラーのシャツワンピースは共布の細ベルト付き。ウエストマークして、ソフトなフィット&フレアのシルエットにアレンジができる点も便利です。

STYLING

掲載一覧はこちら

表示モード
スマートフォン  |  PC