COLORSSTORY

色と親しくなる秋—。 2021 AUTUMN 4COLORS STORY

COLORSSTORY
COLORSSTORY

目にも心にも鮮やかに映るシーズナル・カラー。
そのなかから何色を選び、どう組み合わせて自分事に引き寄せるかに、おしゃれのセンスが表れます。
配色の魔術師・スタイリスト濱口沙世子さんが厳選し、提案する4つの秋色の着こなし。
より深く円熟味を増したカラーコーディネートを参考にして、「大人の秋」を始めましょう。

COLORSSTORY

色と親しくなる秋—。 2021 AUTUMN 4COLORS STORY

COLORSSTORY
COLORSSTORY
COLORSSTORY
COLORSSTORY

目にも心にも鮮やかに映るシーズナル・カラー。 そのなかから何色を選び、どう組み合わせて自分事に引き寄せるかに、おしゃれのセンスが表れます。配色の魔術師・スタイリスト濱口沙世子さんが厳選し、提案する4つの秋色の着こなし。より深く円熟味を増したカラーコーディネートを参考にして、「大人の秋」を始めましょう。

Stylist 濱口沙世子 SAYOKO HAMAGUCHI CLASSY.やSTORYなどのファッション誌やレディースブランドの広告など幅広く活躍。自身の私服も注目されているスタイリスト。@sayo345char
feat. Brand ,UNTITLED ,INDIVI ,Reflect , Dessin, COUP DE CHANCE
Hello SUNNY!

Hello SUNNY!YELLOW & ORANGE

注目度No.1の新鮮色。
昇り始めた朝陽のように雲の
ヴェールをかけたエナジーカラー

YELLOW x KHAKI
最新のニュアンスを色で表現した
ツートーンコーディネート

今シーズンの注目カラーですが、少しくすんだ強すぎないイエローなら、配色が決まりやすく、色が得意でない方にもおすすめ。コントラストを抑えながら、ぼやけないように濃色のスカートでさりげなく引き締めます。ネックウォーマーとVネックニットのアンサンブルは、上半身のレイヤーリングで、あたたかさと小顔効果を同時に狙うことができる優秀セット。揺れ感が繊細な素材を使った“広がり過ぎない”スカートでフェミニンを盛り上げます。

YELLOW x CHECK
トラッドをフレッシュかつ大人に
仕上げるカジュアルなイエロー

トップスとボトムスで完成させるワンツーコーデは、シンプルで気を抜いた感じに見えがち。イエロー×モノトーンの潔い配色なら、大人っぽさとスタイリッシュな雰囲気に! しかも、トレンドのチェック柄パンツをセレクトすることで、今どきの丁寧なおしゃれが完成します。ニットは着心地のよいラグラン袖にボリュームを出した旬アイテム。ストレッチ素材のセンタープレスのテーパードパンツで、シャープな美脚シルエットを強調しています。

BEIGE x ORANGE
焦げたようなダークオレンジが
いつものベージュをリフレッシュ

いつもなら、×ブラウンにするところを、旬な色味にスイッチするだけで、印象が安心から新鮮へと変わります。今回セレクトしたのは、ダークオレンジのパンツ。イタリア製の2WAYストレッチ素材が楽ちんで、脚線をキレイに見せてくれます。全身を同系色でまとめた上品なスタイリングですが、フラットにならないようにトップスのベージュは素材感に変化を。マウンテンパーカにカーディガンを肩掛けすることで、さらに立体感を付けました。

ORANGE x BLACK
元気の出るオレンジニットで
今どきのリッチカジュアルを表現

レーヨン×シルクの光沢感とすっきりしたボートネックが素敵なハーゲージニットは、オレンジの発色もとても艶やかでキレイ。上半身の色味が引き立つように、ブラックで大人っぽく引き締めます。ボトムスは、楽ちん&すっきり見えを両立させた2WAYストレッチパンツ。通勤シーンなら、パンプスにするところですが、強くなりすぎないようにスニーカーで抜け感をプラス。また、配色がシンプルなので、スカーフでアクセントを付けました。

Stay CALM BLUE & NAVY

空や海の青にグレイッシュな
ニュアンスをプラスすれば、
身に纏うだけで心が洗われるよう

BLUE x MONOTONE
凛としたなかに華やかさを忘れない
秋のグッドカラーコーディネート

ほんの少しだけくすみを感じる、着こなしやすいブルーのショートコート。最高級のウールを使用したリバー仕立ての軽い着心地は、ロングシーズンの活躍が期待できます。モノトーンカラーのキーネックブラウスと落ち感のキレイなテーパードパンツに羽織れば、一瞬で華やかに。小さなバッグにブルーを追加して、全体のまとまり感も意識しました。カッコよくて、合わせやすいモノトーンですが、旬色を効果的に使えば、暗い印象を払拭できます。

BLUE x BLUE
甘さを抑えたカラーonカラーを
ライトカラーのコートでつなげて

ニットとプリーツスカートの素材感の違うブルーを組み合わせた、インパクトのある着こなしです。色味自体はやや濃いめなので、明るいカラーのアウターで、爽やかにトーンアップしています。同じ色味のトップスとボトムスを合わせる時は、素材感を意識的に変えるのがひとつのポイント。今回はニット、サテン、ジョーゼット、ダンボールとさまざまな質感をブレンドしながら、同じ色味で揃えることで、おしゃれの洗練度を高めています。

BLUE x NAVY
落ち着いた配色にトレンドと
知性を感じる、秋の上質カジュアル

注目のトラッドを今っぽくアレンジしたスタイリングです。ウール100%ですが、シルクのようなキレイな発色が印象的なニットをピックアップしました。ミニケーブル編みや肩のボタンがアクセントの着映えする1枚です。このきれいなくすみブルーを生かすため、同系色のネイビーボトムスをコーディネート。ロング&タイトなシルエットがコンサバに見えないように、足元は引き続きトレンドのサイドゴアブーツでしっかりハズしています。

BLUELExOPARD
着慣れたはずのブルーも
旬柄のインパクトでイメージ刷新

秋のトレンドカラーといっても、ブルーは比較的、着慣れたお色味かもしれません。そんな時は、レオパードプリントのスカートで、パンチを出すのもひとつの方法です。上半身は、フード付きのアウターとチュニックニットをカジュアルシックなブルー系で。下半身は、トレンドのレオパードと同系色のバッグ、ショートブーツで軽やかに。お互いの相乗効果でカジュアルとモードの中間を狙った、大人のコーディネートを簡単に楽しんでいただけます。

Cozy VINEYARD & BORDEAUX

大人に深みと美しさを添える秋色。
赤よりも奥ゆかしく、ピンクよりも
シックな色に酔いしれて——

BORDE x AUXGRAY
ボルドーカラーの濃淡を
都会的グレーでシックにまとめて

今シーズン、さまざまな色味のボルドーが出ているので、気になっている方も多いと思います。ボルドーは1色だけで使うよりも、こんな風に濃淡にするとぐっと取り入れやすくなるのでお試しください。ビッグシルエットのニットに配色カーディガンを肩掛けすると、顔周りに立体感が出て、こなれた雰囲気にもなって一石二鳥。カラーアイテムが上品にまとまる万能色グレーのパンツで軽快にまとめると、さらにバランスよく着こなせます。

BORDEAUX x LAVENDER
こっくり女っぽい配色に効かせる
ボルドーのロングカーディガン

大人っぽさと可愛らしさを大切にした、カラーコーディネート。ボルドーのガーディガンを華やかなラベンダーのタフタスカートに合わせ、同系色のチェックストールでまとめました。インナーにはブラックではなく、ネイビーをセレクト。少しやさしいコントラストにすることで、パープルやボルドーが柔らかく見えます。秋は、羽織として活躍するドロップショルダーのロングカーディガンですが、冬になったらコートインにも応用してください。

BALDEAUX x BEIGE
ソフトな素材感と艶やかな色味を
重ねた秋のフェミニンルックス

パープル系は、色の濃さやトーンによっては、強く見えたり暗く見えたりするので、女性の優しさが表現できるようなコーディネートを考えました。ボルドーは、フレアシルエットのニットスカートがメイン。フラットな印象にならないよう、頭にスカーフを巻いてアレンジを効かせます。他のアイテムは、ニュアンスのあるライトカラーをチョイス。秋らしい、あたたかな質感と上質な素材感が醸し出すリッチ感が、上品に存在感をアピールします。

BORDEAUX x GEOMETRIC
グラマラスなボルドージレを
柄スカートでモードに着こなして

ロングニットジレは、注目アイテムのひとつ。トップスにレイヤードするだけで、スタイルアップとこなれ感の両方が簡単に手に入ります。今回は、ライトベージュのバンドカラーシャツに重ねて、コントラストを抑えたカラーコーディネートに。その分、ボトムはクラシックなモザイク柄のスカートで動きとリズムをプラスします。スカートの柄に使われている色味にリンクした配色なので、まとまりも出やすく、着こなしやすいと思います。

Relax DETOX GREEN & MINT

新芽を思わせる淡いミントや
ラグーンに似たブルーグリーン。
希望を感じるヒーリングカラー

MINT x CHECK
スタイリングのテクニックで
颯爽としてメリハリのある着こなしに

淡いミントグリーンのカラーレスジャケットに濃いグリーンのニットをコーディネートした、大人の色合わせ。ボトムは、トップスにぴったり合う、グリーンが入ったチェック柄パンツをチョイスして、立体感のあるスタイリングに仕上げました。秋らしく、あたたかみのある素材感を丁寧に重ねることで、全身にちりばめたグリーンの印象もマイルドに。もちろん、着心地もリラクシーで快適。オフィスからリモートワークまできっと活躍します。

GRAY x GREEN
脱コンサバな小物使いで
今どきのマニッシュカジュアルに

カラーアイテムをまとめるのにとても便利な“グレー”のアイテムをトップスに集中させました。ボトムは旬色グリーンのパンツで、パッと目を惹くスタイリングに。ジャケット×センタープレスパンツの着こなしは、コンサバになりがちですが、ボトムにカラーを取り入れたり、足元をスニーカーでハズすことで、今っぽくカジュアルダウンができます。もちろん、足元をキレイめフラットやパンプスに替えれば、オフィスにふさわしいテンションに!

MINT x BROWN
甘さを抑えたカラーリングで
秋のニュアンスを満喫して

ミントチョコレートのような、甘すぎない爽やかなスタイリング。シワになりにくく、機能性も充実したキレイめブラウスに、センタープレスのパンツをコーディネートしました。肌寒い日は、カーディガンやジャケットを重ねたいところですが、今回は大判ストールをプラス。ミントグリーンが甘くならないよう、ブラウン系でまとめた大人の配色は、ワンツーコーデにアクセントをプラスする、ストールのレオパード柄がポイントになっています。

MINT x GEOMETRIC
旬な色味と素材感にこだわった
大人のリッチカジュアル

スウェット地とは違う、キレイめでリッチなニットのフーディは、リラクシーなシルエットが今どき。しっかりした編地でパネル状に編み立てたグリーン系のニットスカートで、お出かけカジュアルにアレンジしました。足元は、ボリュームのあるショートブーツを合わせるのが最新の着こなし方。コンサバ過ぎず、モード過ぎない、感じよいカジュアルが完成します。色を多用する場合は、印象が強くなるので、ブーツは明るいカラーがおすすめです。

掲載アイテム一覧
表示モード
スマートフォン  |  PC