WORLD WEEK

HISTORY

BRAND
CONCEPT

TAKEO KIKUCHIは、色気と遊び心があり、今の時代をさりげなく着こなす男性のためのTOKYO発信ブランドです。
日本の高いモノづくり技術と、ブランドの歴史に裏打ちされた確かな品質をもとに、様々なライフシーンに合わせた、トータルなスタイリングを提案します。

A high-spirited and voluptuous Tokyo brand, appealing to the men who can wear a trend effortlessly. TAKEO KIKUCHI offers a total style concept, enable to suit every life scene with Japan’s high-level production skills and reliable quality based on the established brand history.

SHOP

国内113店舗をはじめ、台湾・タイなど海外10店舗の直営店を展開。

CREATIVE DIRECTOR菊池武夫

  • 1939東京千代田区に生まれる。
  • 1961文化学院 美術科卒業。
  • 1962原 信子 アカデミー卒業。
  • 1964注文服の制作をスタート。コマーシャル用のコスチュームデザインやファッション写真の衣装制作を手掛ける。
  • 1970パリでの海外生活などを経て友人と(株)BIGI設立。
  • 1975(株) MEN’S BIGI を設立。
  • 1978パリに(株) MEN’S BIGIヨーロッパを設立。同年パリにてコレクションを発表。
  • 1984MEN’S BIGIを退社。同時にワールドに移籍し「タケオキクチ」を発表。
  • 1986自らのプロデュースによる複合商業スペースTKビルディングを西麻布にオープン。
  • 1996監督・王家衛、主演・浅野忠信による短編映画「wkw/tk/1996@7'55"hk.net」をプロデュース。
  • 20026年ぶりに東京コレクションに参加。
  • 2004「タケオキクチ」のクリエイティブ ディレクターを後任に引継ぐ。
  • 2005自らのディレクションによるブランド「40CARATS&525」スタート。クールビズ推進協議会共同代表として、"COOL BIZ collection 2006"のデザインを手がける。
  • 2012「タケオキクチ」クリエイティブディレクターに再就任。
  • 201513年ぶりに東京コレクションにて自身のコレクションを発表。
表示モード
スマートフォン  |  PC